IID イベント / ワークショップ

02/18

workshop

憧れのデジタル刺繍ワークショップ! @ IID

手作業では限界‥><、とお嘆きの方、
最新のデジタル縫製を体験してみませんか?
さらに、イラスト縫いにもチャレンジしましょう!

ウワサには聞くけど、実際に触れる機会が少ないデジタル刺繍。
縫い物は好きだけど、どうしたらデジタル縫製が出来るの?
このワークショップでは、そんな悩みを解決いたします。

<デジタル刺繍ワークショップデータ制作編>
・何をするの?
ミシンがどのように動くのか、シミュレータを使って皆様に実践して頂きます。
縫いたいモチーフ、縫いたいイラストをご持参頂き、それを元にデータ作成をしていきます。

―タイムテーブル―
~20分
デジタル刺繍とは何か? 概念と仕組みについて説明します。

~40分
刺繍シミュレーターを使ったデモンストレーション、制作事例紹介

~90分
デジタル刺繍のデータ作り作業実践、画像処理ソフトの使い方のレクチャー

~120分
制作アイデア、活用方法などの意見交換会

合計120分のワークショップになります。

・持ってくると便利です。
デジタルデータ作成のワークショップですので、ノートパソコン、タブレット、をご持参いただくとその場で下絵の修正が出来るので便利です。お持ちで無い方はこちらからPCをお貸し出しします。

・版下をお持ち帰り出来ます。
出来上がったデータはお持ち帰り出来ます、デジタル刺繍の縫製依頼に使える版下データになりますので、自分で制作するので業者さんに頼むより確実に自分のやりたい縫製が実現致します。

特に縫いで出来た作品は女性の関心を引き、話題性も上がります。
生地プリントやレジンパーツ組み作品とは違ったアプローチが出来るので、ライバルにグッと差が付くこと間違いなしです!

製作デモ動画はこちら
https://twitter.com/lifulu/status/736407283047923712

  

□講師プロフィール
久保田 さとのり

下北沢の小さなアトリエ「リフルシャッフル」を経営し始めて9年目になります。
年々、服飾メーカーが製造する商品が工数を省き大量生産する動きに業界全体がなりつつあります。この身近な問題、特に商品が陳腐化されていく流れに危機を感じ、自社にて小ロットでバラエティーに富んだ商品展開をする事を決意。ノウハウの出回っていないデジタル刺繍を取り入れた新たなデザインを構築できる技術を取得しました。
私どもと同じように、ものづくりや商品展開にてお悩みの方々と一緒にノウハウを構築してまいりたいと考えております。クリエイターの方へは、ライバルに差をつけて表現の幅を広げたい!
ご商売されている方へは、小ロットにて、在庫をなるべく少なくしながら他商品展開をしたい。
など、刺繍工芸技術を用いて皆様のニーズにお応えしたいと思っております。

「FabLab Setagaya at IID」
>>http://fablabsetagaya.com/
FabLab Setagaya at IIDは、3Dプリンター、レーザーカッター、CNC、3Dスキャナーなどのデジタルファブリケーション機器を設置した、個人から企業まで誰でも使える地域に開かれたものづくりスペースです。主なサービスとして、利用者自身によるデジタルファブリケーション機器利用サービス、及びと造形請負サービス、各種ワークショップや講座の開催をおこないます。

Facebook:https://www.facebook.com/iid.pta
Twitter: https://twitter.com/PTA_IID