From SETAGAYA

2015/ 02/08 (日)

“世田谷産で冬バテ予防”をテーマに開発した ほうれん草メニュー<二子玉川・FARMERS MARKET ゆっくりとカフェ>

(株)ものづくり学校が運営・プロデュースする二子玉川のカフェ「FARMERS MARKET ゆっくりとカフェ」からのお知らせです!!

JA東京中央が推進する世田谷産農産物ブランド“せたがやそだち”のコンセプトカフェ「FARMERS MARKET ゆっくりとカフェ」にて、“世田谷産で冬バテ予防”をテーマに、今が旬のほうれん草を使ったメニューが2月10日(火)より期間限定で登場します。

冬野菜の中でも特にほうれん草に多く含まれるアミノ酸“ALA(5-アミノレブリン酸)”が疲労回復に効果があるといわれていることに注目し、冬の慢性疲労“冬バテ”対策のメニューとして開発。
世田谷産ほうれん草の美味しさをより多くの人に体験してもらいたい。また、お客様に元気になって欲しいという想いから、メニューを開発したそうです。

両メニューで使用するほうれん草は、JA店舗周辺の畑で栽培され、その日の朝採れたばかりのもの。“せたがやそだち”野菜は、カフェの1階にあるJA東京中央運営の直売所で購入できます。是非ほうれん草メニューで残りの冬を乗り切ってください!


イカチーズのほうれん草包み焼き イカスミソース(1,000円)/世田谷産ほうれん草とマンゴーのラッシー(700円)

期間限定のメニューは、2月10日(火)~2月22日(日)まで提供されます。

■世田谷産農産物「せたがやそだち」について
世田谷区内の農家で生産された野菜や果実は、自然の恵みをたっぷり受けて育った農産物です。大地に生える双葉に「せたがやそだち」と書かれたロゴマークをつけ、各農家やJA の共同直売所で主に販売されています。まさに、地元で生産した農作物を地元で消費する“地産地消”のスタイルです。

■「FARMERS MARKET ゆっくりとカフェ」について
生産者の顔が見える地元・世田谷の旬な素材を使用し、毎日の活力に働きかける野菜中心の料理を提供する地産地消のカフェ。
メニューは、朝、昼、夜と少しずつ異なり、世田谷野菜をふんだんに使ったデリプレートが人気。1階には「せたがやそだち」の安全・安心・新鮮な野菜や園芸品を提供する直売所があります。
IID 世田谷ものづくり学校内の「GO SLOW ゆっくりとカフェ」の姉妹店として、(株)ものづくり学校が運営しています。

住所:世田谷区鎌田3-18-8 2F
TEL: 03-6803-0090
営業時間:9:00~20:30(L.O 20:00) 毎週月曜日定休
アクセス:東急田園都市線 二子玉川駅より 徒歩15分
または成城学園駅行バス吉沢下車徒歩5分

大きな地図で見る