IID ピープル

INA音楽 - music

レジデンス △308 PiNX RECORDS inc. / 電脳音楽塾

電脳音楽塾 代表/音楽プロデューサー:INA(イナ)
INA OFFICIAL SITE >> AREA014.com

1980年代後半、シンセサイザープログラマーとしてプロデビュー。MIDIデータ制作、CM制作、ミュージカル、ビッグバンド、演歌、歌謡曲等、ジャンルの壁を超えた数々のスタジオワークスを経て1991年『X』の”Violence In Jealousy tour”にマニピュレータとして参加。翌年『X JAPAN』と共に渡米、解散までの間、数々のレコーディングやライブをサポートする。
また1993年からは共同プロデューサー&プログラマーとして、X JAPANのギタリスト『hide 』のソロワークスを全面的にサポート。『hide』の楽曲制作は常にhideとINAの二人三脚によっておこなわれ、hideを中心とした多国籍バンド『zilch』への参加を含め、hideのソロワークスには欠かせない存在となる。
1998年~『hide with Spread Beaver』名義で活動。hide没後、制作途中であった3rd アルバム”Ja,Zoo”をI.N.A.を中心としたメンバーで完成させ、同年リリース。このアルバムは、第13回日本ゴールドディスク大賞(ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー)、日本レコード大賞特別賞、MTV VMA大賞、SSTV MVA大賞等、数々の賞を受賞した。
2000年春、hideトリビュートアルバム”hide tribute SPIRITS”への参加をきっかけに、X JAPANのメンバーPata /heathと共に『Dope HEADz』を結成(2003年3月~活動休止中)。
また、2004年には韓国音楽史上最大のカリスマと呼ばれる『SEO TAIJI(ソテジ)』が3年7ヶ月ぶりにリリースした7枚目のオリジナルアルバム”SeoTaiJi 7th issue”に参加。INAはアレンジ&プログラミングを全面的にサポートした(このアルバムは韓国内で2004年度No1のセールスを記録)。
その後は国内外のアーティストやバンドのプロデュース&アレンジ等をメインワークスに。また、2008年に再結成した『X JAPAN』の活動もサポート中である。
作詞、作曲、アレンジ、プロデュース、プログラミング、エンジニアリング、リミックス、DJ等、INAの活動フィールドは広く 、そのプログラミングやサウンドプロデュースは国内はもとより海外アーティストからも高い評価を受け、他の追従を許さないクオリティの作品を世に送りだしている。

2013年、INAプロデュース・リミックス盤『hide TRIBUTE V -PSYBORG ROCK SPIRITS- 〜CLUB PSYENCE MIX〜』をリリース。

翌年の2014年にはヤマハが新開発したVOCALOID技術とINAのプロデュースワークを融合させ制作した奇跡の新曲『子 ギャル』収録のhide生誕50周年記念アルバムをリリース。
故人の歌声を合成音声によって再現するという 、世界的に前例のないスタイルで制作された本作は各メディアで大きく取り上げられニュースとなった。

2014年10月、INAを中心としたアーティスト集団による音楽制作ラボ『PiNX RECORDS inc.』を立ち上げる。個性溢れるクリエイターが集まる施設「IID 世田谷ものづくり学校」にスタジオオフィスを構え、音楽レーベルの新しい形を模索しながら活動スタート。また、参加メンバーによる音楽ワークショップ『電脳音楽塾』も展開。DTM&DAW音楽ワークショップをはじめ、音楽業界で働く様々な業種の“ものづくり”のプロフェッショナル達によるワークショップなど、幅広い活動を行っていく。

詳しいプロフィールはこちらから