IID について

IID 世田谷ものづくり学校について

Ikejiri Institute of Design 世田谷ものづくり学校とは。

IID 世田谷ものづくり学校は、2004年に廃校となった旧池尻中学校舎を世田谷区から借り受け、再生活用した施設です。
「産業振興」 「地域交流」 「観光拠点化」 を目標に掲げ、現在は株式会社ものづくり学校が運営しています。

かつての教室はクリエイター・デザイナーのオフィスに。

各教室は製造・デザインだけでなく、サービスの企画、製品プロデュースなど様々な分野で活躍するクリエイター・デザイナーに「仕事場」として開放しています。また、創業支援プログラムを組み込み、専用オフィスの提供、育成サポートなどを実施しています。

誰もが通える学校。

IIDは「仕事場」と同時に、「遊び場」であり「学び舎」でもあります。カフェ、ギャラリーの併設、「ものづくり」をテーマにしたワークショップやセミナーを開催することで、入居者、地域住民、クリエイター、企業、学生など様々な人が行き交い、交流する場を形成しています。
館内は一般開放しており、どなたでもお越しいただけます。

目指す姿は、産業が生まれるプラットフォーム。

これまでの10年にわたる活動で、世田谷・池尻の地にクリエイティブな人々や情報が集まり、地域交流が活性化され、産業が育つ環境をつくりました。次のステップとして、現在はIIDを起点に新たな製品やビジネスが創出・発信される「産業が生まれるプラットフォーム」 を目指します。