アクティビティ

アクティビティ

学校では教えてくれないものづくり体験。
プロのクリエイターが講師となり、「ものづくり」デザインを体験できる学びと遊びの場を提供します。講師にとっても、自身の活動をPR、モニタリングとして、新たなビジネスチャンスを生む機会に。例えば、職人がデザイナーとコラボレーションし、製品開発をおこない、試作品をワークショップで試すなど、実験・実践の場としても活用されています。プロの経験と技術を活かし、「働きたくなるきっかけ」となるコンテンツも提供。将来のものづくり産業を支える人材育成と産業基盤の強化を目指します。

文化発信やビジネスモデルにも活かせる企画展示。
ものづくりをキーワードに様々なジャンルの人々が情報発信の場として活用する展示を開催します。例えば、世田谷区内の製造業者や各メーカーの製品発表会。最新ものづくり技術の体験展示。大学生や独立を目指す若いクリエイターの挑戦の場。 IIDには、一般の来館者のほか、企業、クリエイターが常に集まってきます。参加クリエイター達が交流からビジネスを生み出す機会としても活用できるのです。

挑戦

新たな製品・サービスの創出、若き才能を発掘。
「ものづくり」で産業活性のトリガーとなる機会。

IIDアワード
IIDならではのテーマ、「デジタルファブリケーション」「世田谷」などを掲げた主催アワード。新たな製品開発、表現や技法の発見にチャレンジする「ものづくり」を仕事にする人々を表彰し、広く発信する機会をつくります。
IIDデザインコンペ
IIDのネットワークから生まれた仕事、共同開発の機会を提供できるオープンコンペを開催します。若い才能を発掘、製品やサービスの創出を目的に、IIDに集うクリエイター(IIDメンバー)へ向けたオープンコンペです。クリエイターと製造事業者をつなげ、新たな可能性を広げるマッチングの機会としても活用していきます。

交流

地域住民の憩いの場として。そして全国から
様々な人が集う場をつくるための文化祭的イベント。

地域のフェスティバル
子供・緑化など世田谷の地域性や関連する事柄をテーマに掲げ、地域に密着し、近隣住民が集う場を生み出します。
学校ならではのフェスティバル(場の魅力を最大限に引き出す)
IIDという場に魅力を感じるパートナーとタッグを組み、ストーリーのあるイベントを生み出します。
地域コミュニティとの連携
商店会、町内会、近隣の小・中学校や大学など、近隣のコミュニティと連携し、さらに大きな輪をつくり、まち全体を盛り上げます。

連動サービス

  • 充実したハード・ソフト。企画から商品開発までのすべてを可能に。

  • 3Dプリンタの活用技術を習得する講座を定期開催します。
    例→ 「Rhinoceroschool」:3D設計ソフトを使った、プロダクト設計技術習得。(初級・中級)
    例→ 「Freeform Gachya Figure」:直感的に操作できる3Dモデリングツールを使った、立体像系講座。

  • IIDの3Dプリンタで制作された作品・商品の展示会アワードを開催。 発表・発信の機会をご提供します。

  • IIDに入居するクリエイターや、製造業事業者とのコラボレーションをご提案します。