世田谷ものづくり学校

ABOUT IID

入居のご案内

IID 世田谷ものづくり学校は、廃校となった世田谷区立池尻中学校を再生する「次世代モデルの廃校跡地再生利用プロジェクト」として2004年10月にスタートしました。

世田谷区池尻は住宅、小学校、保育園、公園、商店などに取り囲まれながらも感度の高い街です。
私たちはかつての教室を「 デザイン・建築・映像・食・アート・ファッション 」などのさまざまな分野のデザイナー・クリエイターのオフィスとして、またカフェやギャラリー・SHOPを備えた誰もが入れる「パブリックスペース」として機能しています。

オフィス環境・活動支援

施設がある周辺は、閑静な住宅街に囲まれ、向かいには世田谷公園という緑豊かな環境でもあります。近隣の商店会には、個性豊かなSHOPやレストランが並び。最大の特徴は、学校の教室が仕事場にできるということです。その魅力から入居を希望するクリエイター・企業もいらっしゃいます。また、入居事業者には館内の3Dプリンター、レーザーカッターなどを設置したFabスペースやレンタルスペースの特別割引を設けています。そしてIIDのWEBサイトでは、各種情報を投稿でき、情報発信ツールとしても活用いただけます。ほか、入居者間との交流、館内イベントに参加する外部クリエイターや企業との出会いなど、日々さまざまな人が行き交う施設だからこそ、日常的に交流の場が生まれています。

入居希望

入居をご希望の方は、本サイトにて随時案内をお知らせしております。
オフィスは、1教室を1事業者にそのまま貸し出す「一般オフィス」、創業5年以内の事業者を対象にした「創業支援ブース」、創業5年以内を対象にしたフリーアドレス型の「コワーキングスペース」の3種類です。
入居条件、部屋の広さも異なりますので、それぞれの募集要項をご確認ください。
入居については、IID事務局での書類審査・面談、そして世田谷区との協議の上で決定します。
トップへ戻る