世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2017 / 4 / 2(日)

切削しよう!CNCを使おう!- Fusion360講座CAM編 –

3DCAD「Fusion360」には、NCプログラムを書き出す為のCAM機能が備わっています。Fusion360上で3D形状データの作成から、NCコードの作成までを連続して行うことが可能なのですが、まだまだリファレンスが少ないのが現状です。そこで、Fusion360講座CAM編として「3D形状データからNCプログラムを書き出し、CNCフライス”KitMIll RD420″にデータを持っていく」という一連の流れを学んで頂けるクラスを設けました。

Fusion360で作ったモデルを3Dプリントするだけでは物足りなくなった方、切削という新しいツールを取り入れてみませんか。

※本講座は、Fusion360の基本的な操作が分かり、簡単なモデル作成が行えるということを前提としています。
※実際の加工は行いませんのでご注意ください。

FabLab Setagaya at IIDとは

FabLab Setagaya at IIDは、3Dプリンター、レーザーカッター、CNC、3Dスキャナーなどのデジタルファブリケーション機器を設置した、個人から企業まで誰でも使える地域に開かれたものづくりスペースです。
主なサービスとして、利用者自身によるデジタルファブリケーション機器利用サービス、及び造形請負サービス、各種ワークショップや講座の開催をおこないます。

イベント概要

タイトル
:切削しよう!CNCを使おう! - Fusion360講座CAM編 -
開催日
:2017年4月2日(日)
開催時間
:14時00分 〜 15時00分
場所
:IID 世田谷ものづくり学校 116 FabLab Setagaya at IID
参加費
:1,000円(税込)
持ち物
:ノートパソコンをお持ちの方は持参ください ※パソコンの貸し出しも可能です。
定員
:5名
主催
:FabLab Setagaya at IID
対象
:「Fusion360の使用経験はあるけれど、CAMはどこから手を付けて良いのか分からない」という方
お申し込み
:下記のフォームよりお申し込みください
お問い合わせ
setafab@r-school.net
注記
:申し込み人数が定員に達し次第、締め切りとなります
お申し込みは終了しました
トップへ戻る