世田谷ものづくり学校

イベント

このプログラムは終了しました。
Workshop
2021 / 8 / 28(土)

アーユルヴェーダ in the Garden「巡る季節と心と体」

アーユルヴェーダは生命科学や長寿の智慧と日本語に訳されるインドの伝統医学です。
病気の治療だけではなく、一つひとつのいのちがより元気に輝き、幸せでいられるようにするための教えです。

アーユルヴェーダでは人間も自然の一部と考え、自然の流れに沿った暮らしをすることで私たちの心身の調和がとれるようになると言います。
世田谷のお庭をフィールドに、草花や虫、鳥など様々ないのちの営みや生き物同士の関係性に目を向けて、耳を傾け、触れたり匂ったり、そして味わって日々刻々と絶え間なく変化する自然の巡りを観察していきましょう。
そして私たち人間にとっての巡りについて一緒に考えてみませんか?

皆さんの日常生活に取り入れられるアーユルヴェーダの教えを体験していただきながらお伝えしていきます。

皆さんとご一緒出来ることを楽しみにしています。
(松尾紗保子)

カリキュラム

1. 内観〜外観 瞑想と庭巡り
2.アーユルヴェーダ式食事についてのお話
3. 植物をつかった季節の手仕事〜座学
4. ヨガ(いわゆるポーズをきめるものではありません)

※現在の施設のコロナ感染予防の一環で、実食・試食は控えております。予めご了承ください。

新型コロナウイルス感染予防のご協力

・施設来館時には検温を実施しておりますので、ご協力ください。(1階113号室「IID事務局」にて受付をおこないます)
・ワークショップ中はマスク着用でお願いします。
・定期的に手洗いとうがい、アルコール消毒をお願いします。

その他

ワークショップ中は事故のないよう配慮しますが、切り傷などのお怪我は自己責任での対処をお願いいたします。 絆創膏や虫除けスプレーなどは各自お持ちください。

講師プロフィール

松尾 紗保子

アーユルヴェーダ&ヨガ講師(全米ヨガアライアンス E-RYT500 / YACEP )
日本福祉大学大学院 福祉マネジメント専攻 修士課程修了 福祉マネジメント修士
社会福祉士

年齢や性別、障害の有無に関わらず、ひとり一人のいのちが尊重されて安心安全に暮らせる地域社会の具現化に向けて研究を進めながら、社会福祉士養成校(大学)の非常勤講師及び恩師の研究チーム事務局を担当。
その後、語学留学を目的に渡米したニューヨークで本格的にヨガの学びを開始、全米ヨガアライアンスRYT200取得。
帰国後、大手ヨガスタジオにてヨガインストラクターを経て、ヨガインストラクター養成校に転職してアーユルヴェーダとヨガの講師を務め現在に至る。
養成校ではアーユルヴェーダやシニアヨガ指導者養成講座なども担当。
四季のある日本の風土の中で育まれてきた伝統文化や食文化に着目しながら、日本で暮らす人にも気軽に取り入れられるアーユルヴェーダの生活法を紹介している。
身土不二、季節の食材をいかしたアーユルヴェーダと日本の伝統食を融合した五感を刺激する食事を提案。
福祉の研究やヨガ、生命科学と呼ばれるアーユルヴェーダの学びから、生きとし生けるもの全てのいのちが尊重されそれぞれが最大限にいのちを楽しめる世界について模索している。

講師プロフィール

石田 紀佳

手仕事研究 / フラワーレメディプラクティショナー

IID 世田谷ものづくり学校の緑化計画「ミドリノ」運営。

植物を介した人と自然の関わりを実用面、心理面から探索。
「大人のおしゃれ手帖」(宝島社)に「それぞれの更年期」を隔月連載し、ここ数年高齢の両親の介助介護などをする中で、加齢についての個人差を痛感している。
自分自身は、体はそれほど丈夫ではないが、ここ15年くらいは病院治療をうけていない。
松尾紗保子さんとシニアヨガの話をしたことが今回の講座を企画するきっかけとなった。

著書
『藍から青へ 自然の産物と手工芸』(建築資料研究社)
『草木と手仕事 plants and hands』(薫風堂)
『魔女入門~暮らしを楽しくする七十二候の手仕事~』(すばる舎)
新著「エコロジカルスキンケア」を発刊予定。

イベント概要

タイトル
:アーユルヴェーダ in the Garden「巡る季節と心と体」
開催日
:2021年8月28日(土)
時間
:11:00〜15:00
会場
:IID 世田谷ものづくり学校 Studio(211号室)
参加費
:8,000円
対象
:18歳以上。性別は問いません
持ち物
:体を動かしやすい服装 / 蚊にさされない用意 / ヨガマットやバスタオルなどの敷物 鋏(植物をきります)/ 植物等持ち帰り用の袋や新聞紙
定員
:8名
お申込み
:下記のフォームよりお申し込みください。
お問合せ
lamuda@ya2.so-net.ne.jp(石田)
お申し込みは終了しました
トップへ戻る