世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2017 / 5 / 20(土)、21(日)

レーザーカッターでつくる、コーヒースリーブのワークショップ | 箱庭5周年記念イベント

レーザーカッターでつくる、コーヒースリーブのワークショップ

WEBメディア「箱庭」が主催する5周年イベント『アナログとデジタル祭』にて実施するワークショップ。 レーザーカッターを使い、レザーをカットし、好きな色の紐で仕上げるコーヒースリーブをつくります。 サンプルの紐は赤色ですが、数色ご用意予定です。
4種類のお好きなフォントを選んで、ご自分の名前やメッセージを入れることが出来ます。(英語表記のみ)
レーザーカッターに触れる機会はあまりないかもしれませんが、革のカットや刻印もあっという間にできてしまいます。 その様子もカッコいいので、ぜひ見ていただきたいです。

コーヒースリーブはトールサイズにピッタリですが、レザーは滑りにくいのでショートサイズでも使える仕様です。 下記の詳細をご覧の上、ぜひご参加ください。

講師プロフィール

FabLab Setagaya at IID

FabLab Setagaya at IIDは、3Dプリンター、レーザーカッター、CNC、3Dスキャナーなどのデジタルファブリケーション機器を設置した、個人から企業まで誰でも使える地域に開かれたものづくりスペースです。
主なサービスとして、利用者自身によるデジタルファブリケーション機器利用サービス、及び造形請負サービス、各種ワークショップや講座の開催をおこないます。

イベント概要

タイトル
:レーザーカッターでつくる、コーヒースリーブのワークショップ
内容
:英語表記の名前(メッセージ)入りのコーヒースリーブをひとつ制作します。 フォントは4種類からお選びいただけます。 紐もお好きな色をお選びいただけます。※要事前予約
開催日
:2017年5月20日(土)、21日(日)
開催時間
:下記フォームご確認ください。
場所
:IID 世田谷ものづくり学校 FabLabSetagaya at IID(116号室)
参加費
:2,000円
持ち物
:特にありません。
定員
:各回4組
講師
:FabLabSetagaya at IID スタッフ
お問い合わせ
http://fablabsetagaya.com
お申し込みは終了しました
トップへ戻る