世田谷ものづくり学校

イベント

このプログラムは終了しました。
Workshop
2017 / 8 / 20(日)

縄文人になろう!ミニ土偶づくりワークショップ | kids 2017

土偶作りを通して縄文人のワクワクを体験してみませんか?

日本列島にはかつて縄文時代という時代が栄えていました。
大きな争いもなく、自然と調和した生活は実に1万年以上続きます。
自然と共存しながら持続可能な社会をこの時代の人々は築いていました。
縄文遺跡からはその豊かな暮らしを想像させる縄文土器や土偶などユニークな文化の痕跡が垣間見えす。
物質はなくとも精神的に豊かな縄文の暮らしとはどんなものだったのか?小さな土偶作りを通してその楽しさをお伝えしたいと思っています。



当日の流れ

①縄文時代の説明、土偶の説明、紹介
②ワークショップを選んでもらう→ペイント土偶 or ミニ土偶作り
③つくる土偶を選ぶ
※ペイント土偶はあらかじめ成型済みの土偶を用意しております
④ 道具の説明(縄文人が使っていた土器の道具)、ペイントの画材
⑤制作開始
⑥完成

●ペイント土偶→当日お持ち帰りいただけます
◯ミニ土偶→ 作品をお預かりし、焼き上げた後にご住所までお送りいたします。

★このワークショップはものづくり体験予約サイト「Craftie(クラフティ)」の提供によるものです★

焼き上げ前の土偶
縄の模様をつける道具
自分の好きな柄やイメージで着色します
お庭やプランターの脇でも映える土偶
土偶ペイントは幼稚園のお子さんでも参加できます

主催プロフィール

Craftie(クラフティ)

ものづくりワークショップ予約サイト

Craftieはアート・ものづくりの様々なワークショップ・レッスン・体験を検索して予約できるサービスです。
自分が作ったオリジナル作品で毎日の生活を彩りたい、そんな女性が最近増えています。季節の訪れをフラワーアレンジメントを通して感じたり、自宅のインテリアをDIYしたり、身に着けるアクセサリーを自分で作ったり、子供のためにおもちゃを手作りしたり。
Craftieはそんなものづくりライフを応援するサービスです。

講師プロフィール

マチコ氏

alinomanimani代表 / 縄文ハンター

日本の狩猟・採集時代をテーマにジュエリーを制作。2015年に旅した縄文遺跡に衝撃をうけ、13箇所の縄文遺跡を旅したのち、2017年1月に縄文社交倶楽部という倶楽部を作り、ワークショップや縄文グッズの制作にあたる。

2007年 多摩美術大学卒業。
2009年 ヒコみずのジュエリーカレッジキャリアコース修了。美術教室講師、ジュエリー企画、販売を 経て、2015年より自作のジュエリーを制作、展示、発表を始める。
2015年 11月、ギャラリーワイズ duo展
2016年 4月、ギャラリー山小屋 えとせとら展
6月、tokyo fantastic 店舗内にてpearl展
9月、tokyo縄文ビレッジ出展
11月、りんごや「循環する者たち」展 / 3331@主催 art hack day 審査員賞受賞         
2017年 4月、newjewlerynext出展

イベント概要

タイトル
:縄文人になろう!ミニ土偶づくりワークショップ
開催日
:2017年8月20日(日)
開催時間
:10:15 - 11:15 / 11:45 - 12:45 / 13:15 - 14:15 / 14:45 - 15:45 / 16:00 - 17:00
会場
:Studio(211号室)
参加費
:ペイント土偶2,000円 / ミニ土偶2,500円
対象
:4歳以上
講師
:マチコ氏
持ち物
:エプロン(あれば望ましい)
定員
:各回6名
お申し込み
こちらのページからお申し込みをお願いします。
注記
:ミニ土偶は送料込み
お問い合わせ
info@alinoma.com
トップへ戻る