世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

Seminar
2017 / 11 / 25(土)

【Meetup!】「ものづくりのこれから」を考える | トークセミナー

ファブラボ世田谷 1周年記念・特別トークセッション

  • ・世界中に広がりつつあるfabといったスペース活用法における運用面
  • ・義務教育としても取り入れられるSTEM教育関連
  • ・将来のものづくりと切り離せられないTech業界の指針
  • ・ラボという機能を中心に据えたビジネスモデルとは? など

これからビジネスとしてのものづくりを推進していくにあたり、上記をテーマにした有益な情報をセミナーを同日に4つ開催します。
テーマごとに各分野の専門家をお招きしますので、この機会に是非ご参加ください。

▶申し込みについて
こちらのフォームより必要事項をご入力の上、お申し込みください。同フォームは、24日の交流会の参加フォームと同一です。トークセミナーと併せてぜひご参加ください。

▶Session1 [10:30〜12:00]

ラボドリヴンビジネス 〜シーズを育てるビジネスモデル〜

これからのキーワードとなるラボドリブンビジネス。大学や企業のラボで日々生まれる未来のビジネスのシードをスタートアップとして展開していくビジネスモデルです。新たにこのビジネスをスタートした株式会社デジネルの代表原雄司が解説します。
■参加費:無料
■スピーカー:原 雄司氏(株式会社デジネル CEO)

▶Session2 [12:30〜14:00]

世界規模のMeetup!? ファブラボ世界会議の変遷から見るFABの未来

世界80カ国、1,000箇所に広がる次世代のものづくり工房かつグローバルネットワークでもある、ファブラボ。毎年世界のどこかで開催されているファブラボ国際会議は、今年で13回目を迎えている。世界会議の変遷や様子をご紹介していきながら、各国の事例や、諸外国とのコラボレーションの可能性を探っていきます。
■参加費:無料
■スピーカー:渡辺 ゆうか氏(FabLab Kamakura 代表 / 一般社団法人国際STEM学習協会 代表理事)

▶Session3 [14:30〜16:00]

ものづくりと社会実装 ~SXSWから学ぶ~

プロトタイピングとその先の社会実装について事例を交えてご紹介します。
今日のものづくりは、いち早くプロトタイプを生み出し、それを実際に地域・社会で試用・実験することによって、ユーザの声を早期から取り込んで、より良いアウトプットを目指すことが重要です。このサイクルを、世界最大のテクノロジーの祭典SXSWへの挑戦の他、様々な実例をご紹介します。
■参加費:無料
■スピーカー:
舟橋 健雄氏/山口 和泰氏(株式会社 神戸デジタルラボ)
三島 裕太郎氏(川崎重工業株式会社 企画本部 情報企画部)
佐々木 哲也氏(富士通総研 コンサルティング本部 産業グループ マネジングコンサルタント)
 

▶Session4 [16:30〜18:30]

FabSafe Summit Vol.3「ファブの安全性と品質評価」

ものづくりの安全をテーマにしたイベント「FabSafeSummit」。
今回はファブで製作したものを、「人に渡す」「販売する」場合に知っておかなければならないことをテーマに実施します。製造物責任法(PL法)や、3Dプリント品の衛生管理や強度試験方法など、ファブでつくられたものの安全性を管理する仕組みや、ライセンスに関する研究成果を発表します。
■参加費:1,000円
■スピーカー:
田中 浩也氏(慶應義塾大学環境情報学部教授 / ファブラボジャパン発起人)
増田 恒夫氏(慶應義塾大学SFC 政策・メディア研究科特任助教 / 株式会社SHCデザイン)
吉岡 純希氏(慶應義塾大学SFC 政策・メディア研究科 / 看護師 / Medical Design Engineer)

主催

FabLab Setagaya at IID

FabLab Setagaya at IIDは、3Dプリンター、レーザーカッター、CNC、3Dスキャナーなどのデジタルファブリケーション機器を設置した、個人から企業まで誰でも使える地域に開かれたものづくりスペースです。
主なサービスとして、利用者自身によるデジタルファブリケーション機器利用サービス、及び造形請負サービス、各種ワークショップや講座の開催をおこないます。

イベント概要

タイトル
:「ものづくりのこれから」を考える | Meetup! トークセミナー
開催日
:2017年11月25日(土)10:00〜18:00
場所
:Studio(211号室)
参加費
:上記の各紹介を参照
持ち物
:特になし
対象
:Fab 施設ユーザー、ものづくりに関わる方、世田谷区内事業者、行政機関、一般の方 STEM 教育に関心のある方
お申し込み
:お申込みはこちらから
お問い合わせ
setafab@r-school.net
主催
:FabLab Setagaya at IID
協賛
:田中浩也( 慶応義塾大学環境情報学部教授・FabLab Japan発起人)、オートデスク株式会社、株式会社デジネル、Formlabs Japan、株式会社イグアス、株式会社東急ハンズ、トロテック・レーザー・ジャパン株式会社、株式会社ワコム
後援
:世田谷区/公益財団法人日本デザイン振興会
トップへ戻る