世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

Event
2018 / 10 / 20(土)

MakeX 日本代表選抜 世田谷大会

Makeblock社のロボットキットと専用パーツを使った、ロボットコンテスト!

Makeblockは、ロボコン・ハッカソン・STEMカーニバルなどの活動を通して、子ども達の成長を導くロボットプラットフォームです。
その中心的な活動である「MAKEX ロボティックスコンペティション」は、STEM教育を核とした国際的なロボットコンテストであり、科学技術の発展、教育イノベーションを促進し、子ども達に科学、技術、工学、数学、その他の学術的な知識を実践的な問題にて提供しています。
また、MAKEXは子ども達が協力して作品を制作し、世界中の国々の子供達と競い合い、協力し合いながら国境を超えた友情を育みお互いを高め合うことを推奨しています。

2018年大会のテーマ

~ブループラネット~

宇宙に地球が生まれてから現在までの過程を振り返ると、私たちの地球は砂漠化と、汚染された海水による浸食が進んでいます。
地球は青い惑星ではなくなってきています。

地球が『BluePlanetブループラネット(青い惑星)』であり続けるために、 私たちは自らが排出する汚染物を改善する新たなロボットを設計する責任があります。
ゴミの分別や海洋プラスチックの除去、旧式の煙突や火力発電所の解体、大気データと地下水質の監視。

「Blue Planet(ブループラネット)」に戻すべく様々な問題をみんなで解決していきましょう!

今回の競技は初心者に適した、難易度の低い競技プログラムです。
ブループラネットの参加は、小学生部門、中学生部門の2グループがあります。mBotを改良してプログラミングすることで、競技者は独自で作業したり、チームメートと協力して競技会の特定のタスクのクリアを目指します。
ブループラネットは、環境保全からインスピレーションを得た競技であり、主にプログラミング、論理的思考、コミュニケーション力などの能力を競います。

参加条件

■参加費
1チーム5,000円(大会オリジナルTシャツ付き、ステッカー)

■出場条件
小学生部門:6〜13歳までの子ども2人のチーム(メンター1人)
中学生部門:12〜16歳までの子ども2人のチーム(メンター1人)
※メンターは安全面の管理のみを行い、タスクに対するプログラムやロボティックスには関与してはならない

■チームデザイン
各チーム、チームロゴ、チーム名、チームスローガンを作成すること。

■提出物
エンジニアリングノート、ソースコード、チームメンバーの写真、ロボットの写真、制作プロセスの写真とビデオを提出。

■ロボットスペック
・ロボットの部品は、メイクブロックの販売するものを使用(今大会用のベーシックキット必要)
・3Dプリンタで自作した物は追加使用可
・初期サイズは25cm立方に収まるサイズ
・最大サイズは30cm立方に収まるサイズ
・最大重量5kg以内
・モーターはmBotモーターか、 TTギアモーターDC6V/312RPMのみ使用可
・9gマイクロサーボモーター、指定のmCore(数量:1)

■MAKEX参加キット
MAKEXに出場するには、mBotにMAKEXアドオンパックが必要になります。

イベント運営

一般社団法人STEM教育協会

STEM教育(“Science, Technology, Engineering, Mathematics”=科学・技術・工学・数学)の教育の推進・普及、認定資格制度の運営、トレーナーの育成、新規参入事業者への支援を行う行う一般社団法人です。
教育機関関係者や児童保護者様などの、STEM教育に関するご相談やお問合せがありましたらお気軽にお問合せください。
IID 世田谷ものづくり学校 入居企業。

イベント概要

タイトル
:MakeX 日本代表選抜 世田谷大会
開催日
:2018年10月20日(土)
開催時間
:後日更新
場所
:後日更新
参加費
:1チーム5,000円(大会オリジナルTシャツ付き、ステッカー)
持ち物
:大会に出場するmBot / エンジニアリングノート / ソースコード / チームメンバーの写真 / ロボットの写真 / 制作プロセスの写真とビデオを提出
定員
:12チーム
運営
:一般社団法人STEM教育協会
対象
:小学生部門:6-13歳までの子ども2人のチーム(メンター1人)
中学生部門:12-16歳までの子ども2人のチーム(メンター1人)
お申し込み
MAKE X 公式サイトより、お申込みください。
お問い合わせ
makex-j@stem.or.jp
トップへ戻る