世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2018 / 11 / 17(土)

ビワの葉仕事、染めと石けんづくり |「ミドリノ草花の恵み」ワークショップ vol.11

ビワの葉を使った染めと石けんづくり

冬が近づくと、ビワの花の蕾がふんわりとした毛をまといます。
ビワの葉はつやつやとお日様を照り返して。
冬のビワ葉はよく染まるんですよ。蕾があるせいでしょうか。
剪定をして、葉を煮出したビワ葉抽出液を布染めと石けん染めに使いましょう。

布はビワ色ですが、ビワの葉の薬効入りの石けんはどんな色になるでしょうか。
ビワの葉にまつわるお話もいたしますので、ビワの葉チンキなど各自つくってみて下さい。

地域への取り組み

「ミドリノ草花の恵み」というワークショップを通じて、参加費の10%を世田谷みどりトラスト基金へ寄付し、区内の緑化促進のお手伝いをいたします。

講師プロフィール

石田紀佳

手仕事研究、フラワーレメディプラクティショナー

フリーランスキュレーター、プランナー。
美術手工芸品を展覧会企画や執筆で紹介。手仕事の素材の育成から制作工程までを追う。
マーマーマガジン(mmbooks)にて「石田紀佳の魔女入門」を連載。手仕事の錬金術的側面をわかりやすく紹介しています。
羊毛手紡ぎ専門誌スピナッツ(スビンハウスポンタ)に「庭木の恵み」を連載中。
雑誌「ソトコト」に「月ごとのまつり」を連載中。

【著書】
「藍から青へ 自然の産物と手工芸」(建築資料研究社)
「草木と手仕事 plants and hands」(2008~2011年のソトコトの連載をまとめた2015年6月に出版)。

[撮影:川しまゆうこ]

講師プロフィール

伊奈 啓子

ソーパー

一般的に販売されているペット用品の原材料に疑問を持ち、犬にも人にも優しい手作り石けんを作り始めて10年。犬にも安心して使える石けんは、人が使ってもとても安心。愛犬のために作り始めた石けんが、自分用にどんどん進化中。
シンプルに洗うことが一番気持がよいことを実感できる石けん作りを心がけています。
お庭の季節ごとの草木を生かして石けんに取り入れていきます。
普段はIID事務局に勤務。

イベント概要

タイトル
:ビワの葉仕事、染めと石けんづくり |「ミドリノ草花の恵み」ワークショップ vol.11
開催日
:2018年11月17日 (土)
開催時間
:13:30〜16:00(予定)
会場
:IID 世田谷ものづくり学校 Studio(211号室)
持ち物
:染めたい布や糸(手ぬぐいくらいの量まで)/ 剪定バサミ / ビニル手袋 / マスク / 牛乳パックなどアルミがついていない紙パック1つ / 持ち帰り用のタオルと袋(保温袋がおすすめ)/ 眼鏡かゴーグル(お持ちであれば)
参加費
:3,800円
定員
:5名
対象
:中学生以上 (苛性ソーダを扱いますので、小さなお子さんはご遠慮ください)
講師
:伊奈啓子 / 石田紀佳(手仕事研究)
申し込み
:下記のフォームよりお申し込みください
(当日の参加も可能です)
協力
:ミドリノ
お申し込みは終了しました
トップへ戻る