世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2019 / 1 / 13(日)

「MakeX」 2018世界大会報告会&教育者向けワークショップ

MakeblockのmBotを使った、ロボットコンペティション「MakeX」とは何か? 2018世界大会報告会+教育者向け「MakeX」ワークショップ

IID 世田谷ものづくり学校201B号室に入居する「世田谷ハツメイカー研究所」の生徒であり、東京大会MVP「チームUK」の慶多くんと悠貴くん、「チームユイ&ココロ」の結衣ちゃんとこころちゃん、「チームナナ」の奈々ちゃんの5名3チームは、2018年12月、ロボットコンペティション「MakeX」世界大会に参加するため中国広州へ行ってきました。

どのように世界大会を戦ってきてのか、どんな子たちがいたか、中国広州はどんなところだったのか、講師の久木田と子供たちから報告を行います。

また今年のMakeXのタスクをどのように考えてプログラムを組んだのか、子供たちの解説も交えたワークショップも行いたいと思います。

報告会内容

  • ・ロボットコンペティション「MakeX」とは?
  • ・ 中国広州の会場はどんなところ?
  • ・大会の日程と流れ
  • ・試合の内容
  • ・子どもたちの様子や感想
  • ・メンターの感想

MakeXを体験してみよう!

全部で11タスクある競技の中に、7つの個別タスク(自分のチーム単独でクリアする)と4つの連盟タスク(相手のチームと協力してクリアする)があります。
大会ではこの中から、小学生4つの個別タスク+2つの連盟タスク、中学生は5つの個別タスク+2つの連盟タスクが出題されます。

様々なタスクを参加者でどのようにクリアするかを考えてみましょう!
そのあと子供たちがどのように考えたのかを交えながら、プログラムとエンジニアリングを体験していきます。

参加条件
mBotを使ってプログラミングを経験した事がある方
(内容は大人の方向けを想定しています。未経験のお子様のご参加はご遠慮ください)

タイムスケジュール
13:00~13:45:報告会(約45分)
13:45~14:00:グループ分け
14:00~16:00:ワークショップ(120分)
チームUKのロボット
チームユイ&ココロのロボット
チームナナのロボット

主催

世田谷ハツメイカー研究所

ものづくりを通して手を使いながら、プログラミングを勉強していきます。
また、ロボットを使うことで、画面上だけでは完結せず身体を通して成功と失敗を経験していきます。プログラミング以外にも、ロボットデザインコース・エンジニアコースの用意も ありますので、お子さまの興味に合わせて幅広く学ぶことができます。

プログラミングとロボットを使って、様々な「自然の法則」と「人間の法則」を学んでいきます。

[ 教室の営業時間 ]
月:定休
火〜金: 15:00-19:00
土・日 10:00-12:00/13:00-15:00

講師プロフィール

久木田 寛直

株式会社Azhai Communications 代表取締役

2005年より駿台電子情報&ビジネス専門学校講師を勤め、IID 世田谷ものづくり学校にて産学連携を軸としたプログラマーやデザイナーの育成カリキュラムを取り組んでいる。

[著書]
FOM出版:Makeblock公式書籍「mBotで楽しむレッツ!ロボットプログラミング」
技術評論社:小学校の「プログラミング授業」実況中継

イベント概要

タイトル
:「MakeX」 2018世界大会報告会&教育者向けワークショップ
開催日
:2019年1月13日(日)
開催時間
:13:00〜16:00
場所
:IID 世田谷ものづくり学校 Studio(211号室)
参加費
:3,240円(税込)
持ち物
:筆記用具 / mBot / ノートPCをお持ちの方はご持参ください。(mBlockをインストールしたもの)
※PCレンタルをご希望の方はご相談ください。
定員
:20名
講師
:世田谷ハツメイカー研究所講師+MakeX参加生徒
お申し込み
ハツメイカー研究所の公式WEBサイトより、ご希望の参加日を必ず記入し、お送りください。
お問い合わせ
ハツメイカー研究所
協力
:Fab Lab Setagaya at IID
トップへ戻る