世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2019 / 1 / 26(土)、27(日)

2019年、古来種野菜への旅| いのちの感謝祭 vol.1

ギャラリートーク「2019年、古来種野菜への旅」

warmer warmerさんのギャラリートークと古来種野菜の調理パフォーマンス、試食付き。 出来るだけゴミを出さないため、試食用のお皿やお箸をお持ちください。
床が板張りのため、ご用意してある椅子以外にも敷物をお持ちくだされば、床にお座りいただけます。お子様や赤ちゃんも大歓迎です。
warmer warmerさんとの個人的な会話もご自由にお楽しみください。 古来種野菜や書籍はエントランスにて購入可能。出来るだけゴミを出さないため、エコバックをお持ちください。

申し込みに関して
お申込みは現在クラウドファンディングでの支援リターンとして受付中です。早割として大人1名3,300円で案内中!(高校生以下無料)

いのちの感謝祭について

衣食住を、 いろんな新しい切り口から探ってみる。体験してみる。 参加者の分だけ、答えがある。

「いのちの感謝祭」は、見て、触れて、聴いて、学べるイベント。毎月異なるテーマで、様々なコンテンツを用意していく予定です。

第1回目のテーマは「種」。
古来種野菜についてのトークセッション、和綿の糸紡ぎワークショップ、オーガニック製品などのマーケットを実施します。 主催者とその仲間たち(=善きコトFOUNDER)が協力しあい、子どもも大人も楽しめる空間を目指します。 

現在クラウドファンディングに挑戦中です!

今回のイベントを応援していただける支援者の方をクラウドファンディングサイト「FAAVO」にて募集中です。
イベント内のワークショップやトークセッションの参加券やオリジナルグッズなどリターンに用意していますので、お申込みは下記のサイトをご確認ください。
(参加にはFAAVOの会員登録が必要です)

講師プロフィール

高橋 一也

warmerwarmer代表

上海華東師範大学を卒業後、調理師として勤務するなか「有機野菜」と出逢う。 1998年 自然食品小売業(株)ナチュラルハウスに入社。 店舗統括、販売企画、青果バイヤー等から取締役へ就任。 2011年3月の東日本大震災をきっかけにwarmerwarmerとして独立。 現在は日本全国の有機農業生産者・関連団体と連携、固定種・在来種野菜の普及事業を構築するために邁進中。

【著書】
『古来種野菜を食べてください』

主催

いのちの感謝祭

主催:高山 瞳

衣食住を、いろんな新しい切り口から探ってみる。体験してみる。参加者の分だけ、答えがある。

IID 世田谷ものづくり学校で毎月開催を目指して「いのちの感謝祭」というプロジェジェクトをスタートしました。

クラウドファンディングでは、様々なリターンを用意していて、オリジナルグッズも開発しています。オリジナルグッズのテーマは、
①新たにゴミを作ること→ ◎破棄を減らし、宝にする。
②地球、人と動物に優しく。

オーガニック、フェアトレード、エコ、残布など。残布とは、製品にもなれず、工場で廃棄される余り布のこと。
残布によるスーパーエコバック、スーパーエコTシャツなど、
いのちの感謝祭オリジナル商品として販売します。

協賛企業さまのご提供、サポートを随時、募集しています!

イベント概要

タイトル
:2019年、古来種野菜への旅
開催日
:2019年1月26日 (土)、27日(日)
開催時間
:12:00〜14:00
開催場所
:IID 世田谷ものづくり学校 IID Gallery(101号室)
参加費
:クラウドファンディング早割3,300円 / 当日4,000円
クラウドファンディングの支援リターンにて受付中
持ち物
:試食用のお皿、コップ、箸
申し込み
クラウドファンディングの支援リターンにて受付中
主催
:いのちの感謝祭
お問い合わせ
inochinokanshasai@gmail.com
トップへ戻る