世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2019 / 2 / 3(日)

梅仕事はじめに花を愛でる|「ミドリノ草花の恵み」ワークショップ vol.13

むめのきやこのひとすじをふきのとう
この句は芭蕉の弟子だった其角の句。

ふくらみつつある梅の蕾とふきのとう。 梅の花を愛でて、梅の実の豊作を願いましょう。
少しだけ梅の枝を間引かせてもらって、 ほかの立春の草花ととりあわせて、いけて、 梅の由来や来る梅仕事についてのお話をします。
今年はどんな梅仕事をしますか?

IID 世田谷ものづくり学校のお庭の様子は こちらからどうぞ。

地域への取り組み

「ミドリノ草花の恵み」というワークショップを通じて、参加費の10%を世田谷みどりトラスト基金へ寄付し、区内の緑化促進のお手伝いをいたします。

講師プロフィール

石田紀佳

手仕事研究、フラワーレメディプラクティショナー

フリーランスキュレーター、プランナー。
美術手工芸品を展覧会企画や執筆で紹介。手仕事の素材の育成から制作工程までを追う。
マーマーマガジン(mmbooks)にて「石田紀佳の魔女入門」を連載。手仕事の錬金術的側面をわかりやすく紹介しています。
羊毛手紡ぎ専門誌スピナッツ(スビンハウスポンタ)に「庭木の恵み」を連載中。
雑誌「ソトコト」に「月ごとのまつり」を連載中。

【著書】
「藍から青へ 自然の産物と手工芸」(建築資料研究社)
「草木と手仕事 plants and hands」(2008~2011年のソトコトの連載をまとめた2015年6月に出版)。

[撮影:川しまゆうこ]

イベント概要

タイトル
:梅仕事はじめに花を愛でる|「ミドリノ草花の恵み」ワークショップ vol.13
開催日
:2019年2月3日(日)
開催時間
:13:30〜15:30(予定)
会場
:IID 世田谷ものづくり学校 エントランス
持ち物
:花バサミ / 花持ち帰り用の袋や新聞紙など/ お持ちの方は梅にまつわるもの
参加費
:1,500円 / 小学生以下1,000円
定員
:8名
対象
:どなたでも
講師
:石田紀佳
申し込み
:下記のフォームよりお申し込みください
(当日の参加も可能です)
協力
:ミドリノ
お申し込みは終了しました
トップへ戻る