世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Seminar
2019 / 5 / 9(木)

デニムの縫製工場を後世に残す。世田谷DENIM LABが描く縫製職人の未来

1本のデニムパンツを縫い上げるのに、デニムの聖地、岡山の職人は一体どれくらいのミシンを使用すると思いますか?

実は、ロール状態の生地から洋服を形にするために、デニムの縫製職人は10を超えるミシンと設備を使い分けています。
しかし、これまで東京にはデニムを一から十まで縫える設備を揃えた工場がほぼありませんでした。

理由はシンプルで、お金の問題です。

洋服作りをめぐる現場は厳しい価格競争にさらされ、服作りの現場は日本から中国に移り、今ではベトナムやカンボジアといった新たな国へ。 洋服の作り手は、日に日に洋服を着る人から遠ざかるばかり。

洋服がどんな風に作られているかを、少しでも多くの人に知ってほしい。

そんな思いを胸に、 縫製職人の人材育成をミッションに雇用を生み出しながら、デニム作りの楽しさを伝える為に活動している場が、世田谷区桜新町にあります。

今回は、岡山の縫製職人の技術を後世に伝えるべく世田谷で活動する「INDICE 世田谷DINIM LAB」の立ち上げメンバーである藤本氏と戸田氏をお招きして、縫製職人の未来について伺います。

IID Innovator’s Fileとは

新しい領域のビジネスを開拓したり、新しいテクノロジーの領域に挑戦している「イノベーター」をトークゲストとして招き、これまでの経緯、現在の活動、今後の展望について語ってもらうトークイベントです。

当日のスケジュール

18:30 開場・受付開始
19:00 スタート
 ・ファシリテーター挨拶(IID 企画 石塚 和人)
 ・ゲストトーク&事業紹介
  ①現在(自己紹介・現在手がけている事業内容)
  ②過去(これまでの経緯)
  ③未来(今後の展望)
 ・Q&A
20:30 参加者によるネットワーキング(懇親会)
21:00 閉会

講師プロフィール

藤本純哉氏

株式会社INDICE (世田谷DENIM LAB)営業部

専門学校卒業後、紳士服のパタンナーを経験し、ジーンズカジュアルのOEM会社にて営業生産を経験。 またアパレルメーカーにて企画生産統括部長、海外生産主体のOEMの経験し、のち独立。 その後、株式会社INDICE(世田谷DENIM LAB)の立ち上げに参画し、運営と営業を担当。

講師プロフィール

戸田美代子氏

株式会社INDICE (世田谷DENIM LAB) 顧問/生産部部長

杉野学園ドレスメーカー卒業後、ワーキングのウェア縫製、スラックスのサンプル縫製、
スキーウェアのデザイン・パターン・サンプル縫製を経て、1988年にサンプル工場エムアンドティー開業する。
2010年 縫製工場の技術コンサルタント開始し、2013年 岡山県倉敷商工会議所による縫製技術者養成講座にて指導をする。
2014年 ジーンズソムリエ資格を習得し、2015年 繊維製品品質管理士(TES)資格も習得する。

イベント概要

タイトル
:デニムの縫製工場を後世に残す。世田谷DENIM LABが描く縫製職人の未来 | IID Innovator’s File vol.5
開催日
:2019年5月9日(木)
開催時間
:19:00 〜 21:00 (18:30開場、受付開始)
開催場所
:IID 世田谷ものづくり学校 IID Gallery(101号室)
参加費
:2,000円(1ドリンク付)
対象
:ものづくりに関わっている方/ものづくりに興味がある方 /アパレル業界の方/縫製業界の方/洋服作りに興味がある方 /服飾系の大学/専門学校の学生の方 /デニムが好きな方 /起業・創業に興味がある方
定員
:40名
申し込み
こちらのフォーム(Peatix)よりお申し込みください。
主催
: IID 世田谷ものづくり学校
トップへ戻る