世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

School
2019 / 5 / 26(日)

津田直士流”ものづくり”の秘訣講座

作曲・アレンジ・プロデュースを36年続けてきた津田直士が、作品を創る際にどのようなことを大切にすれば納得のいく作品創りができるのか、その秘訣を伝授。
また一方で、世の中の素晴らしいアーティストが生み出した作品を解説しながら、その作品の見どころ聴きどころをご紹介する講座です。

受講生の作品にアドバイス

実際に作品を創っている人には、その作品をお持ち頂けたら、津田直士がアドバイスを致します。
ネガティブな面ではなく、創り手と作品の良いところに着目して能力を伸ばしていく、津田直士流のアドバイス。安心して作品をご持参下さい。

講師プロフィール

津田 直士

音楽プロデューサー・作曲家

小4の時、バッハの曲を聴き、感動で『心臓が涙を流す』感覚を知り、音楽にのめり込む。中2の時、突然、触ったことのないピアノを弾きたくなり、音を鳴らしているうちに『音の謎が解けて』ピアノが突然弾けるようになり、作曲を始める。大学入学後、プロのミュージシャンとなり、作曲と音楽プロデュースを手がける音楽家の人生を歩むことを決意。卒業と同時にソニーミュージックへ入社、菅野よう子が所属した『てつ100%』をはじめ、『エレファントカシマシ』、『L→R』、『SuperBad』などのアーティストを発掘、デビューへ導く。
入社3年目の1987年、X(後のX JAPAN)と出会い、プロデュースを決意。アルバム『BLUE BLOOD』と『Jealousy』のCo Producerを努め、インディーズから東京ドーム公演までをメンバーと共に駆け抜ける。
その後、大貫亜美(Puffy)やShiro(YOSHIKIプロデュースにてデビュー)などをプロデュースした後、フリーランスのプロデューサー・作曲家となり、数々のアーティストへ作品を提供。さらにCM音楽、BREACHなどアニメの音楽、映像音楽など幅広い音楽制作を手がけ、2014年からはソニーミュージック・グループのレーベルゲートにてハイレゾ音楽のプロデュースを展開。
2017年春、世界進出を展開するX JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』に出演し、同年7月、レーベルゲートのハイレゾ専門レーベル『Onebitious Records』より音楽ユニット『ツダミア』としてアーティスト活動を開始。

イベント概要

タイトル
:津田直士流"ものづくり"の秘訣講座
開催日
:2019年5月26日(日)
開催時間
:13:00 〜 15:00
場所
:PiNX RECORDS inc. / 電脳音楽塾(308号室)
参加費
:7,560円(税込)
持ち物
:特にありません。
定員
:15名 ※完全予約制(先着順)
講師
:津田 直士
主催
:PiNX RECORDS inc. / 電脳音楽塾
対象
:一般
お申し込み
:申し込み・詳細は「公式サイト」よりご確認ください。
お問い合わせ
info@pinxrecords.com
注記
:※入室時に現金でお支払ください。
※領収証が必要な方はお申し出ください。
※キャンセルは三日前までに。当日キャンセルは全額ご負担とさせて頂きます。
協力
:IID 世田谷ものづくり学校
トップへ戻る