世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2019 / 6 / 2(日)

ものづくりくらぶvol.1 | フェイクスイーツで作ってみよう思い出のクリームソーダ(byチームKAZOKU)

「KAZOKU JEWELLERY」のアトリエ兼店舗で、
思い出のクリームソーダ(フェイクスイーツ)を作ろう!

IID 世田谷ものづくり学校111号室「KAZOKU JEWELLERY」のアトリエから、ワークショップ企画「ものづくりくらぶ」が始まります。
初回は初夏を迎える季節にぴったりな、フェイクスイーツのクリームソーダ作りです。

クリームソーダのフェイクスイーツってなに?

フェイクスイーツとは樹脂や粘土などでお菓子を表現する人気クラフトです。偽物(フェイク)なので食べられませんが、可愛らしいスイーツをずっとかざっておくことができます。

どんな風に作るの?
クリームソーダ作りではリアルな炭酸の泡や溶けかけのアイスなど、粘土などの身近な素材を工夫することで表現していきます。
本イベントではワークショップ講師の小林希望がお手伝いいたします。これまで2,000人以上にワークショップを開催しており、大人の方はもちろん、お子さまにも安心してご参加いただけます。
緑色のソーダ水。グラスにびっしりついた炭酸の泡。まあるく盛り付けられたとろけそうなバニラアイスに真っ赤なさくらんぼ。
自分で、あるいは仲間や恋人と、そしてお子さんと。クリームソーダ作りを通して、楽しいひとときをすごしてみませんか?
冷えた炭酸の泡や溶けかけのアイスクリームなど、細部にわたってリアルな作品が仕上がります。
ワークショップでは作品制作のコツを解説しながら参加者に合わせて丁寧に指導します。
全てを指示して作らせるのではなく、自由に作る余地も講座の大切なポイントです。自分で考えることで表現力が育ちます。

どうしてKAZOKU JEWELLERYのアトリエでワークショップをするの?

4月25日に移転オープニングを迎えたKAZOKU JEWELLERY。ジュエリーには家族といっても血のつながりだけではなく、友達や、大切な人と一緒に身につけたりプレゼントしてほしいとオーナー西口詩織の願いが込められています。
ここでは、血のつながりだけではない、広い意味でのKAZOKUが集う場所として、誰でも楽しくものづくりに触れられるワークショップ企画「ものづくりくらぶ」が始まります。

「ものづくりくらぶ」はどんな活動をするの?
ものづくりくらぶでは各ジャンルのクリエイターが”チームKAZOKU”として協力し、参加者をおもてなしします!
作品だけでなく、お友達の家でお喋りをするような、楽しくてクリエイティブな人と人との繋がりも作っていけたらと願っています。

ワークショップ中はお店は営業しているの?
店舗自体は当日も通常どおりの営業をおこなっております。ジュエリーの販売や購入に関するご相談などもうけたまわっておりますので、どうぞお声がけください。

このワークショップに参加することで得られるもの
・クリームソーダのフェイクスイーツ
・フェイクスイーツの作り方
・フェイクスイーツを一緒に作った思い出

店舗近くにはカフェteppan kitchen SETAGAYA(テッパン キッチン セタガヤ)もあり、楽しいひとときをすごしやすい立地です。初夏を迎える季節に作るフェイクスイーツのクリームソーダ。ふるってご参加ください!

4/25(日)にオープンしたKAZOKU JEWELLERY。外から見えるショーケースには季節に合わせてジュエリーを展開しています。
店内はお客様とじっくりお話しできるスペースを設けており、ブライダルリングからリフォームのオーダーまで承ります。
オープニングのイベントの様子。ワークショップは店内奥のスペースで開催します。

「チームKAZOKU」メンバー

プロフィール①

西口 詩織

KAZOKU JEWELLERY atelier&shop オーナー

兵庫県姫路市出身の関西人。 2008年ジュエリーデザイナーを夢見て上京する。
ジュエリースクールの講師を務めながら2011年【家族】をテーマにしたKAZOKU JEWELLERYをスタート。2015年より都内百貨店で定期的にポップアップストアを開催する。確かな技術と親しみやすい人柄で人気を集め実績を重ねる。
2017年~2018年には実店舗を構えることを見据えて、恵比寿にあるgallery and shop山小屋にて〝週末のジュエリーショップ〟を月1回オープンする。
2018年池袋東武百貨店に念願のショップをオープン。
そして2019年、IID 世田谷ものづくり学校に移転。4月25日にオープニングを迎えた。

プロフィール②

小林 希望

クラフト系ワークショップ講師

ショッピングモールや住宅展示場をはじめ各種会場でイベントを開催しているプロのワークショップ講師。
ハンドメイド作家として活動を始めたが、ワークショップをおこなったところ企業からのイベント依頼が増加。 以降、関東各地で200件以上の講座開催実績を重ねる。
現在ではロフトや東急ハンズといった大手小売店や日本最大級の住宅展示場などに講座を提供するまでに。得意分野はお菓子をモチーフにしたキッズ講座で、ものづくりを通して子供の創造性を育てるワークショップスタイルが保護者から好評を得ている。

プロフィール③

伏島 恵美

校正・校閲のできるイベント運営・広報

事務職のOL時代に運命の一冊、荻原規子著『勾玉シリーズ』に出会う。読者を違う世界に導いてくれる物語の力、自分の言葉にならない思いが登場人物を通して文章で書かれている不思議さに魅了される。
その感動から大手出版社に転職し、8年間校正・校閲に従事。
近年は各種のユニークなイベント運営にも関わり、文章のプロとして生き生きとした人の姿を伝える活動をスタート。

イベント概要

タイトル
:ものづくりくらぶvol.1 | フェイクスイーツで作ってみよう思い出のクリームソーダ(byチームKAZOKU)
開催日程
:2019年6月2日(日)
開催時間
:12:00〜 / 14:00〜 / 16:00〜(各回約120分)
開催場所
:IID 世田谷ものづくり学校 KAZOKU JEWELLERY(111号室)
参加費
:3,000円(材料費込)
定員
:18名(各回6名)
対象
:幼児から大人まで(小学生未満は保護者同伴)
講師
:小林希望
主催
:チームKAZOKU
お申込み
:下記の申込みフォームをご利用いただくか、こちらの外部サイト(Peatix)よりお申し込みください。
お問い合わせ
:03-5904-8622
お申し込みは終了しました
トップへ戻る