世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2019 / 6 / 30(日)

津久井在来大豆の種まき&種麹から始める麹づくり by 種取り野菜の、すどう農園[A] | いのちの感謝祭

ワークショップ内容

①土や種のお話
在来種の中でも手に入らないと言われる、津久井在来大豆をポットに蒔き、栽培方法をレクチャーします。※帰宅後はご自宅のプランターかお庭に植えなおしてください。

②麹のつくり方レクチャー
種麹(粉末状のもの)をお渡しします。皆さんにご自宅で麹おこしをしていただくことにしましょう。ひとりではなかなかできないことですが、皆で情報交換しあいながらやれば、だいぶ違うはずです。


③スライドトーク
前回お見せした「野菜の冬・春」の続きです。野菜・種を中心にした夏の里山の写真によるスライドトーク。この内容だけでもメモを取る人が続出します!

④前回の講座(種まき)のフォロ―
うまくいかなかった方の話を聞きながら、どうすればよかったか、次回はどうするかをケアします。前回の苗を持参可能。すどうさんがアドバイスくださいます。初めての方もお気軽に!


FACEBOOKグループ「いのち里親部」がありますので、離れていても、みんなで報告しあいながら育てています。すどうさんが、直接ご指導・アドバイスくださるので安心です。
種麹(粉末状)

講師・すどう農園さんからのお手紙

『前回参加された皆さん、種まきはたぶん大変だったことと思います。人によっては、まったく発芽していないかもしれません。本来のスタートはここからなのです。
種まきって、まけば出る…そう思っている方も多いでしょう。でも、そんな簡単なものでないことは、皆さんリアルに感じていただけたことかと思います。

普通の講座では、一回限りでおさらばですから、教える側もそのあとのことはフォローしません。いのちの感謝祭では、あくまでも連続線で考えています。

何かのご事情でもない限り、是非ご参加いただいて、特に結果が出なかった人ほど来ていただきたいと思っています。フォローのやり取りは、たっぷり時間を取ります。出来れば皆さんの経過の写真を先に、FaceBookいのちの里親部に投稿くだされば、当日、プロジェクターで流せます。発芽した苗もできれば持ってきてくださると嬉しいです。

後の大豆と麹は作業というほどのものでもないので簡単です。これもむしろ、持ち帰ってからのほうが大変なので、その辺を十分にレクチャーします。

おそらく今後も、こんな形でホームワークが長くなる内容にしていきたいと思います。
その日のうちに成果が出るものではなく、数か月かけて見守るのが農業ですから。その時間の感覚を共有できたらいいですね。』

すどう農園

参加費について

[A]津久井在来大豆の種まき&種麹から始める麹づくり by 種取り野菜の、すどう農園

[B]無農薬・種取り夏野菜と雑穀ランチと、すどう農園トークショー

[C]草木染めの原点・叩き染めと擂り染めの体験と、野草の発酵ジュースづくり


A+B:6,000円
B+C:6,000円
A+B+C:8,000円
[A][B][C] それぞれのみの方は各4,000円
※小学生以下の子どもは半額で参加できます。
※乳児をお連れ参加可能です。(館内に授乳室・多目的トイレあり)

クラウドファンディングに挑戦中です!

講師プロフィール

すどう農園

須藤 章

神奈川・相模湖で自然栽培の「すどう農園」を主宰。野菜とハーブ・果樹の栽培と無添加の加工所でソース・ジャム・ドレッシングなどを製造。
都会と農村を結ぶ講座を通年で開催。「さとやま農学校」「森のガーデン」「さとやまハーバルライフ」など

主催:いのちの感謝祭

多様性×楽しさ×本質的な体験!をモットーに、お気軽チャリティ!や、クラウドファンディングも盛り込んでいくイベント。
7月20日は「思わず大人も歌って踊り出す、よしとの紙芝居」がやってくる!!!

イベント概要

タイトル
:津久井在来大豆の種まき&種麹から始める麹づくり by 種取り野菜の、すどう農園[A]
開催日
:2019年6月30日 (日)
開催時間
:10:30 〜 12:00
開催場所
:IID 世田谷ものづくり学校 エントランス
参加費
:一般4,000円 / 中学生以下2,000円(セット価格あり。上記本文をご参照ください)
持ち物
:お土産持ち帰り用のバッグ / 汚れが気になる方はエプロンなど
定員
:10名
申し込み
:下記のフォームよりお申し込みください。(メールやFacebook、Peatix経由からでも受付けております)
主催
:いのちの感謝祭
お問い合わせ
inochinokanshasai@gmail.com
お申し込みは終了しました
トップへ戻る