世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Seminar
2019 / 6 / 25(火)、6 / 28(金)、7 / 2(火)、7 / 14(日)

.HYAKKEI大学『.HYAKKEI自然図鑑@八ヶ岳』【全4回】

自然の生態を学ぶことで、山の物語を知り、より深く山を楽しむ

「アウトドアを愛するひとが1年に一度、『自然のためにできること』を考える」をテーマに今年も開催される“山の日サミット”。
.HYAKKEIでもその理念に共感し、毎年メディアとしてサポートしてきましたが、この度、両者でのコラボレーションが決定。
山・自然の生態を知り、登山をより楽しむための講義を開講します。

八ヶ岳をはじめ様々な山域で自然調査・分析・ドローンを使用したデータ解析・測量事業等を行っている株式会社ラポーザより講師をお招きし、学術的、専門的に、かつビギナーにもわかりやすいようカジュアルに講義を進めていただきます。
都心と八ヶ岳それぞれで自然について学びながら、山に思いを馳せる、そんな夏を一緒に過ごしましょう!

【講義内容】
■第一回(座学)八ヶ岳の基礎を知る @IID 世田谷ものづくり学校
初回はガイド講師、受講者それぞれが自己紹介をしながら、八ヶ岳の歴史、地形、それぞれの山の魅力、そして登山者が考えるべき課題について話します。
・受講者同士の自己紹介、コミュニケーション
・ガイド講師より講義の進め方や趣旨等を伝達
・八ヶ岳の基礎情報 など

■第二回(座学)八ヶ岳の“植生”について考える @IID 世田谷ものづくり学校
八ヶ岳独自の気候、地形について学びながら、樹林、苔、花など、八ヶ岳特有の植生への理解を深めます。
・地形および地形図
・気候、環境
・植生の特徴、独自の植生現象
・気候変動に伴う植生の変化 など

■第三回(座学)八ヶ岳の“動物”について考える @IID 世田谷ものづくり学校
山でよく目にする動物「鹿」をはじめ、哺乳類、鳥類、猛禽類等八ヶ岳に生息する様々な動物の知られざる生態およびその影響について学び、考えます。
・八ヶ岳に生息する様々な野生動物の生態
・季節ごとの動物たちの暮らし方
・食害等の課題とその対策 など

■第四回(フィールドワーク/森林調査) @八ヶ岳
八ヶ岳に足を運んで、学びを深める。
森林調査隊として、登山を楽しみながら森の中でフィールドワークを行います。 テーマはチョウセンゴヨウとホシガラスの生態系について(※内容は変更の可能性があります)。 座学で学んだことを現地で確認しながら、自然のあり方について、理解を深めます。
・登山コース歩き&森林調査
(森林調査が目的であり、登頂を目指すものではありません)

八ヶ岳・森林調査の様子
八ヶ岳・森林調査の様子
八ヶ岳・森林調査の様子

この講義で得られるもの

  • ・植生、動物についてなど、通常の登山では得にくい自然に関する知識
  • ・山仲間との出会い
  • ・ゆったりと自然に触れる、楽しむ時間
  • ・八ヶ岳での生活、働き方、暮らし方に関する

「.HYAKKEI大学」とは?

アウトドアライフスタイルメディアの.HYAKKEIが「LIFE WITH NATURE」のコンセプトはそのままに、アウトドアのフィールドを通じた様々な“遊び方”“生き方”“働き方”をお届けするアウトドアスクールです。

講師プロフィール

荒井克人(あらい・かつと)

株式会社ラポーザ代表取締役。長野県長野市出身。
自然環境調査やドローンによる環境計測を行なっている。環境調査では、長野県内のすべての市町村を回っている。近年は地上型のドローンの開発に力を入れている。趣味はものづくり。

講師プロフィール

西教生(にし・のりお)

株式会社イーエムアイ・ラボ代表取締役。三重県生まれ。
2017年に八ヶ岳南麓に移住。鳥類や植物の調査研究をする傍ら、無人ロボットの開発や販売を手掛けている。趣味はダムカード集めと渓流釣り。

イベント概要

タイトル
:.HYAKKEI大学『.HYAKKEI自然図鑑@八ヶ岳』【全4回】
開催日時
:2019年6月25日(火) / 28日(金)/ 7月2日(火)19:30〜21:00
会場
:IID 世田谷ものづくり学校 2-A教室(301号室)※7/14 (4回目)のみ八ヶ岳にてフィールドワーク
参加費
:28,000円(全4回参加者のみ)
持ち物
:筆記用具
定員
:20名
講師
:荒井克人・西教生(株式会社ラポーザ)
対象
:自然の生態に興味がある人
八ヶ岳地方に興味がある人
山やアウトドア仲間が欲しい人
じっくりと自然に触れる機会が欲しい人
お申し込み
こちらよりお申し込みください。
お問い合わせ
hyakkei@cg.opt.ne.jp
トップへ戻る