世田谷ものづくり学校

SCHEDULE

このプログラムは終了しました。
Workshop
2019 / 8 / 17(土)

ジュエリーのお店で見て・触って・作っちゃおう!鉱石風キーホルダー| kids2019

ガラスか天然石とレジンを組み合わせて、鉱石風の幻想的なアクセサリーを作ります。

自分で選んだガラスや天然石で鉱石風キーホルダーが作れるワークショップを開催します。会場となるKAZOKU JEWELLERYでは工房見学を通した本物のジュエリー体験もできます。
見て、触って、作れる夏休みの自由研究にもぴったりなワークショップです!

■具体的な実施内容
ガラスや天然石を使って自分だけの宝石キーホルダーを作れる ワークショップを実施します。 長く愛される美しいジュエリーがどんな風に作られるのか、 ワークショップと工房見学を通して学ぶことができます。 夏休みの宿題にもいかがでしょうか?
期間中、KAZOKU JEWELLERY アトリエ内にはジュエリー制作に使う 工具などを展示して工房見学を実施しています。 子どもたちが本物の宝石やジュエリーに触れられる場を設けましたので、ワークショップの前後でぜひご覧ください。

■当日の流れ
ガラスや天然石など、用意された材料の中から好きなものを選びます

金属のお皿の上に配置してデザインを決めます

レジンを流し、UVライトを照射して硬化させます

キーホルダー金具を取り付けて完成です!

①作品はキラキラと輝いてとてもきれい。バッグや筆箱につけて使うことができますよ。夏休みの宿題に、見て・触って・作れる宝石研究をしてみませんか?
②ワークショップでは作品制作のコツを解説しながら参加者に合わせて丁寧に指導します。
③全てを指示して作らせるのではなく、自由に作る余地も講座の大切なポイントです。自分で考えることで表現力が育ちます。
④実際にジュエリーとして使用する宝石も展示しています。手で触れ、目で確かめる五感を使った学びができます。
⑤ジュエリーCADを使用したデータ制作も間近に見ることができます。どのようにジュエリーが出来上がっていくのか普段は見れない現場が覗けます。
⑥ジュエリー制作に使う工具も展示。アナログとデジタルを融合しジュエリーが出来上がっていく過程をイメージできます。

8/17(土)・18(日)は『IID kids WORKSHOP2019』

講師プロフィール

のぞみ先生(小林希望)

クラフト系ワークショップ講師

ショッピングモールや住宅展示場をはじめ各種会場でイベントを開催しているプロのワークショップ講師。
ハンドメイド作家として活動を始めたが、ワークショップをおこなったところ企業からのイベント依頼が増加。 以降、関東各地で200件以上の講座開催実績を重ねる。
現在ではロフトや東急ハンズといった大手小売店や日本最大級の住宅展示場などに講座を提供するまでに。得意分野はお菓子をモチーフにしたキッズ講座で、ものづくりを通して子供の創造性を育てるワークショップスタイルが保護者から好評を得ている。

講師プロフィール

西口 詩織

KAZOKU JEWELLERY atelier&shopオーナー

兵庫県姫路市出身の関西人。
2008年ジュエリーデザイナーを夢見て上京する。
ジュエリースクールの講師を務めながら2011年【家族】をテーマにしたKAZOKU JEWELLERYをスタート。2015年より都内百貨店で定期的にポップアップストアを開催する。確かな技術と親しみやすい人柄で人気を集め実績を重ねる。
2017年~2018年には実店舗を構えることを見据えて、恵比寿にあるgallery and shop山小屋にて〝週末のジュエリーショップ〟を月1回オープンする。
2018年池袋東武百貨店に念願のショップをオープン。
そして2019年IID世田谷ものづくり学校に移転。4月25日にオープニングを迎えた。

講師プロフィール

伏島恵美

校正・校閲のできるイベント運営・広報

事務職のOL時代に運命の一冊、荻原規子著『勾玉シリーズ』に出会う。
読者を違う世界に導いてくれる物語の力、自分の言葉にならない思いが登場人物を通して文章で書かれている不思議さに魅了される。

その感動から大手出版社に転職し、8年間校正・校閲に従事。
近年は各種のユニークなイベント運営にも関わり、文章のプロとして生き生きとした人の姿を伝える活動をスタート。

講師プロフィール

森口 真千子

Jewelry amakaneオーナー

ジュエリーアーティスト。東京生まれ。
幼少の頃をヨーロッパで過ごす。
多摩美術大学卒業後、数社の勤務を経て2018年よりジュエリーブランド「Jewelry amakane」を開始。『人それぞれが持つ本来のパワーや、自分自身の魅力に目覚めること』がブランド名に込められており、「自然との調和」をテーマに古代や自然、民族がモチーフとなっている。
実物の植物や自然物から型を取った「minori」や、縄文時代当時の道具を再現した「jomon」シリーズを展開。月1回のオーダーイベントを目黒bar Fractaleで定期的に行うなど、お客様一人ひとりに寄り添うスタイルをとっている。
2016年に縄文遺跡を訪れた際、現代の人々が忘れてしまった自然との一体感や精神性、死生観を再発見する。それ以来古代の人々への憧憬はすべての制作における強いモチベーションとなっており、その魅力を土偶ワークショップなどでも伝えている。

イベント概要

タイトル
:ジュエリーのお店で見て・触って・作っちゃおう!鉱石風キーホルダー
開催日
:2019年8月17日(土)
開催時間
:10:30〜17:00 (所要時間20分-30分程度)
場所
:IID 世田谷ものづくり学校 111号室 KAZOKU JEWELLERY
参加費
:2,000円
持ち物
:特になし
定員
:1回につき6名
対象
:小学生(小学生未満の時は保護者同伴)
講師
:小林希望
申し込み
:下記のフォームよりお申し込みください。
当日受付も可能です。受付は実施中のワークショップが終わり次第、承ります。
お申し込みは終了しました
トップへ戻る