世田谷ものづくり学校

IID NEWS

from 世田谷 お知らせ 

ファブラボ世田谷制作 | フェイスシールドの提供開始&配布施設も募集中!

館内に併設されたものづくり工房「ファブラボ世田谷」では、神奈川大学の道用先生が公開されているデータをもとに、室内の3Dプリンターなどを使い、医療現場で活用できる、フェイスシールドを作成しました。

 

無償提供をスタート

現在、世田谷区内の医療関係施設に、フェイスシールドの無償提供を始めました。

配布施設・団体も募集中です。

世田谷区内の医療関連施設の方で欲しいという方がいらっしゃれば、下記までお問い合わせください。(送料はご負担頂けると助かります)

■Mail:setafab@r-school.net
■件名:フェイスシールド提供
■本文内容:施設名(または団体名)、住所、ご担当者名、希望必要個数を記載しお送りください。
※1施設辺りの希望個数についてご希望に添えない場合もございます。予めご了承くださいませ。
※1施設辺りの希望個数について患者と直接対面するスタッフの数+αを目処としてください。
※1日の作成量に限りがあるため、申し込み状況により受付終了、またはお渡しがお待たせしてしまう場合があります。

詳しい仕様などのお問い合わせについても、上記アドレスよりお問い合わせください。

応募の締め切り

2020年5月末日まで
※6月以降も提供できるよう調整しております。準備が整いましたら、後日改めてお知らせします。

フェイスシールド仕様

フレーム:‪Doyomodel(ver2_hybrid)を‬3Dプリンター(Raise3D)で出力
シールド:ラミネートフィルムを空焼きしたもの

作成元

FabLab Setagaya at IID(ファブラボ世田谷)

FabLab Setagaya at IIDは、3Dプリンター、レーザーカッター、CNC、3Dスキャナーなどのデジタルファブリケーション機器を設置した、個人から企業まで誰でも使える地域に開かれたものづくりスペースです。
主なサービスとして、利用者自身によるデジタルファブリケーション機器利用サービス、及び造形請負サービス、各種ワークショップや講座の開催をおこないます。

参照

トップへ戻る