世田谷ものづくり学校

IID NEWS

お知らせ 

ワークスペース無料開放のご案内 | 期間限定

IID 世田谷ものづくり学校では、近隣にお住まいの方を対象にレンタルスペース(IID Gallery)をワークスペースとして一定期間無料開放します。
公共交通機関を使わず、自転車や徒歩で施設までお越しいただける方が対象です(世田谷区・目黒区・渋谷区・杉並区あたりでしょうか)。
この機会にお試しください。

ご利用に関しては、当日下記にあるフォームから申し込み頂き、1階113号室にて受付しご案内します。

無料ワークスペース概要

スペースのお申し込みは、当日のみとさせていただきます。空き状況は随時カレンダーにてご確認いただけます。

利用時間 :11:00~19:00(最大4時間まで利用可)
利用可能日 :火曜〜金曜
(月・土日祝は休業)
利用期間 :6/19(金)〜 7/3(金)
利用料 :無料
対象 :施設まで徒歩・自転車で来られる方
(あくまでも公共交通機関を使わずお越しになられる方を対象にしています)
空き状況 こちらのカレンダー よりご確認ください。
申し込み方法 :下記のフォームからお申し込みください。
施設までお越しになられましたら、1階113号室「IID事務局」にお立ち寄りください。。受付完了後、スタッフがご案内します。
※申し込みは当日受付のみとさせて頂きます。
ご本人確認が可能なものをお持ちください。(免許証、保険証、パスポート、学生証、マイナンバーカードなど)

室内環境

1階「IID Gallery」
デスク(8台) / Wi-Fi / 荷物置きラック /電源あり / 廊下にコピー機あり(有料) / 自販機あり /駐輪場あり /駐車場なし
※室内でのお打ち合わせはお控えください。
※デスク数に限りがあるため、予めこちらのカレンダー にてご確認ください。
※デスク間の間隔を広くとり、扉も常時オープンにしております。他、手指消毒液の設置やスタッフの定期除菌・換気作業をおこないます。

ご利用上の注意

以下のお客様はご来館をお控えください。
ー 発熱のある方、体調がすぐれない方。
ー 咳、のどの痛み、くしゃみ、鼻水などの風邪の症状がある方。
ー 過去14日以内に発熱や風邪の症状等で受診や服薬等をした方。
ー 過去14日以内に感染拡大している地域や国への渡航歴がある方。

・ご利用前に非接触型体温計による検温を実施しております。感染症予防のため、37.5度以上のお客様はご利用をお断りしますのでご了承ください。
・グループでのご利用はお避けください。また室内でのお打ち合わせなどもお控えいただきます。
・万が一、館内での感染者の発生が確認された場合、当館ホームページにてお知らせいたします。該当する日時にご来館されていたかを確認できるよう、ご自身でご来館日時を記録ください。
・マスク着用にご協力ください。
・こまめな手洗い、手の消毒にご協力ください。
・体調が悪くなられた場合は、スタッフまでお申し出ください。(1階113号室に事務局がございます)

ワークスペース開放にあたって(経緯)

IID 世田谷ものづくり学校では、どなたでも利用できるドロップイン型のワークスペース「IID LOUNGE」を2020年1月よりオープンしましたが、新型コロナウイルス症の感染拡大防止の観点から2020年2月より休止、6月現在も室内環境の整備のため引き続き休止しております。
休止期間中でも、ご利用に関してお問い合わせをいただいており、どうにか外部向けのワークスペースを作れないか施設でも検討しておりました。

そこで、「IID LOUNGE」の再開準備が整うまでの一定期間、館内のスペースでも広く・換気しやすい「IID Gallery」をワークスペースとしてご用意することにいたしました。

スペースは無料でご利用いただけます

当施設としては、どんな方にご利用いただけるか、「IID LOUNGE」再開にあたっての調査・モニタリングも兼ねて試験的に運用できればと考え、期間限定ですが無料でご案内することにしました。
そのため、ご利用の際にはお申し込みフォームの記入の他、利用してみての感想やご要望などのアンケートをお願いできればと思います。どうぞご協力ください。

そして、「IID LOUNGE」が再開した際には、引き続きご利用いただければ幸いです。
(7月には再開できるよう準備しております)

ちなみに

世田谷区には、様々なエリアにコワーキングスペースがありますので、こちらもご参照ください。 (以前、フリーペーパーのMAP企画でご協力頂いたスペースの方々です)

IID 世田谷ものづくり学校を運営・管理する株式会社ものづくり学校では、政府・自治体・関係諸機関から示される情報の収集に努めるとともに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止に細心の注意を払ってまいります。

トップへ戻る