「世田谷パン巡り」

第6回 濱田屋 三軒茶屋本店

文 稲垣智子(日本パンコーディネーター協会 代表)

世田谷通りのキャロットタワーを越えたあたりに、一見、お寿司屋さんかお蕎麦屋さんにもみえる和風テイストのパン屋さん「濱田家 三軒茶屋本店」があります。和の引き戸を開けると、きんぴらごぼう、ひじき、赤えんどう豆、角煮など、和風具材を使った惣菜パンをはじめとするバラエティ豊かなパンたちが、寿司ネタのケースに陳列されている様子に目を奪われます。

日本人の食に欠かせない和のテイストをとりいれた“日本のパン”が楽しめる、そんな地域密着の店を作りたい、という想いから、もともとお寿司屋さんだった店内を改装し、パン屋さんとしてスタートしたのが2000年。当時では珍しい、きんぴらやひじきといった和総菜とパンのコラボレーションは、食べてみるとどこかほっとする味わいがあり、今では定番商品に。そのほか、季節ごとに入れ替わるバリエーション豊かなパンは店内の季節感を賑やかに演出しています。

お店の一番人気商品である「豆ぱん」は、ほんのり甘くソフトな食パンの生地に、甘めの蜜漬けにしたえんどう豆をたっぷりと練り込んだ、食事パンにも菓子パンにもなる食べやすいサイズのパン。日本人の朝食といえば欠かせない食パン=「角食」も、クラスト(耳)までしっとりやわらかく、毎日いらっしゃるお客さまのためにも、毎日変わらない味をきちんと提供する、という本店としての心意気も感じられるパンです。

※一般社団法人 日本パンコーディネーター協会(JPCA)は、パンを通じた生涯学習の普及推進を活動の大きな目標に掲げ、食の世界でのプロフェッショナルを育成・輩出しています。パンコーディネーター認定講座も全国で開催中。 http: //jpca.ne.jp/

濱田家 三軒茶屋本店
東京都世田谷区三軒茶屋2-17-11 グレイス三軒茶屋102
TEL 03-5779-3884
営業時間 9:00~20:00 無休
http://hamada-ya.jp/