サイプレス上野とロベルト吉野「ヒップホップ生涯学習〜俺もお前もまだ×2勉強×2〜」

第 11 限目 ラジオ

 

――パーソナリティを務めるFMヨコハマの「YOKOHAMA RADIO APARTMENT BAY DREAM」が4月で2年目に突入しましたね。

サ上 はい。夜10時からの曜日ごとにパーソナリティが変わる番組で、水曜を担当してます。レギュラーのラジオは初めてだったので、最初はガチガチで、原稿持つ手が震えて文字が読めない!みたいな(笑)。

ロ吉 あと、体調にけっこう左右されるっすね。

サ上 されるな。それまでは週末が中心の生活だったから、週の真ん中にラジオがあって外せないので、体調管理をしっかりするようになって風邪も引かなくなりましたね。

――お2人のリスナーとしてのラジオの思い出はありますか?

サ上 FMヨコハマは日曜の「TOP 40」っていう音楽番組を毎週録音して海外の情報とかもチェックしてました。

ロ吉 あと鎌倉FM。あれが夜中ヤバくて、夜の11時くらいから朝方くらいまで、ずーっとジャズがかかってるんですよ。

サ上 でも聞いてたのはAMの番組が多かったっすね。だからウチらもAMっぽいノリで、音楽番組じゃないんですよ。この間はついに自分たちの曲以外にヒップホップは1曲もかからなかった。ラジオの後に行ったバーの店長に「今日の凄かったね、ヒップホップ目指す若い子にまったく道を示してない!」って言われて(笑)。ヒップホップ番組じゃなくていろんなごちゃ混ぜで、ラップ好きの中学生が聞いたら「何だこれ?!」って思ってくれた方がいい。でもそれがわざとじゃなくて、自然にできたのが1年やってきた成果ですね。

―― リスナーとのやりとりもラジオならではですよね。

サ上 番組聞いてからライブに来てくれるようになったリスナーも増えました。「ラジオネーム〇〇〇です」って声かけてくれたり。

ロ吉 コーナーの投稿にはハガキ職人的な人もいますし。

サ上 あと、この間タクシー乗ったら運転手さんが、「ロベルト吉野さん? ラジオ聞いてるから声で分かりました」って声かけてきて、「いや、サイプレスの方ですけど」って、声分かってないだろ(笑)。

―― ニュースのコーナーは自分たちでネタを探してるんですか?

サ上 ほとんど「5時に夢中!」(TOKYO MX)と東スポがネタ元ですけどね(笑)。最初の頃は吉野が全然しゃべらないから、「ニュース少しは見てこいよ!」って怒るのが受けてたりしてたんですけど、最近はちゃんと受け答えするようになったな。

ロ吉 ヤフーとライブドアのニュースはチェックしてて、この前はアベノミクスとTPOを調べました。

サ上 それTPPだろ!(笑)

―― 音楽の仕事に何か影響はあったりしますか?

サ上 最近気づいたんですけど、ラップに超活用できてるんですよ。事前に原稿も読まないので、読んだこともない原稿や投稿メールをぱっと見て上手いこと返さなきゃいけないから、最近はバトルでも調子いいし。それは『TIC TAC 』にも現れてると思ってて、KREVAさんもインタビューで「面白くやろうとしてるんじゃなくて、話の面白いやつが自然にしているラップだ」って言ってくれたんですよね。瞬間的なコミュニケーション力が上がったっていうか、本当はラジオでもリスナーより目の前の吉野と会話する方が大変っていう(笑)。

ロ吉 いつも清聴させていただいてます!

 
 
サイプレス上野とロベルト吉野(通称 「サ上とロ吉」)
2000年に「横浜ドリームランド」出身の先輩と後輩で結成(マイクロフォン担当:サ上、ターンテーブル担当:ロ吉)。「HIPHOPミーツallグッド何か」を座右の銘に掲げ、「決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント」と称されるライブパフォーマンスを武器に毎年120本近くのライブを行う。ラジオパーソナリティ、TV番組・CMでのナレーター、ファッション・カルチャー雑誌での連載、モデルとその活動は多岐に渡る。Fm yokohamaで毎週水曜 2 2 : 0 0 ~2 3 : 2 0 「YOKOHAMA RADIO APARTMENT BAY DREAM」を放送中。5月11日よりキャリア初となる全国ツアー「TIC TAC」TOUR 2013~筆おろし~がスタート!
☆詳細はオフィシャルサイトまで→ http://www.sauetoroyoshi.com/