10/30

event

鎌仲ひとみ監督ドキュメンタリー映画
「ミツバチの羽音と地球の回転」チャリティー上映会 @

時間 : 【1回目】開場9:30/上映10:00 【2回目】開場13:00/上映13:30 【3回目】開場16:00/上映16:30

 

この映画は日本のエネルギーの最前線、上関原発計画に向き合う祝島の人々とスウェーデンで継続可能な社会を構築する人々の取り組みの両方を一本の映画で描いています。いかにして、自分たちのエネルギーの未来を切り開くのか?現場からの問いかけは私たちに選択を迫ってきます。また同時に不可能と思われていることを可能にする人間のエネルギーが、私たちと同じく全く普通の人々の感性と思いが、国の違いを超えて交差し新しいビジョンを描き出します。

自分の扉を開き、相手の扉をノックする。映画というものは、同じ空間の中でひとつの作品を大勢で観る、ということで得られる、一体感や満足感があります。そこで心がほぐれるというか、柔軟な気持ちや新たな発想が生まれます。
3月11日以降、私たちは、今まであたりまえに生活していたことがそうでなくなり、その有り難さに気づき、大切なものを本当にずっと大事に育んで生きていきたいと思いました。そして人とのつながりや地域間でのコミュニケーションやいろいろなことを思いやり考えること。
今回、「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映を決めたのは、震災後、自分たち一人一人が意思をしっかり持ち結びあうことで、動かせることはあるのではないか、と強く思い願う気持ちからです。

小さな羽音が集まって大きなものを回転させていきたい。
子供たちのその子供たちの永遠に続く環のためにも。そして素晴らしい地球の自然のためにも。
そして映画の中にでてくる、祝島の人々の自然との愛する暮らしや地域を守ろうとする取り組み、日本の20年先をいっているスェーデンのエネルギーシフト。「継続可能」なエネルギーについて考えることも、それぞれが未来への扉を開くということになり、それが地域の枠を超えて地球の未来への扉を開くということにつながると思います。

 

□作家プロフィール

空間の感触
空の下で火と水を使って色と遊ぶ人たち

http://mitsubachi-setagaya.blogspot.com