11/22

workshop

【IID共催/飛騨市】暮らしの知恵と手づくりの楽しみ 花餅かざりをつくろう @

飛騨の山から切り出してきた木につきたてのお餅をつけて、お正月の「花餅かざり」をつくります。

一年の感謝をこめて、家々の大黒柱に飾られる「花餅かざり」。その枝先に咲く真っ白なお餅は、花の少ない飛騨地方の冬を華やかに彩ってきました。

大きな枝ぶりの木にいっぱいのお餅をつけるのが伝統ですが、今回は飾りやすい現代版の「ミニ花餅かざり」をつくります。南天の赤、松の緑も加わって、枝についたお餅はまるで降り積もる雪のよう。

「花餅かざり」をつくった後は、新米のつきたてお餅をみんなで食べます。

ちょこんとした姿が愛らしい「花餅かざり」をつくって、早めのお正月準備気分をあじわってみませんか?

□講師プロフィール
飛騨の花餅名人(安達和重さん、浩美さん夫妻)
山に木や枝を採りにいく和重さん。その材料をつかって朴葉もちや花餅かざりをつくる浩美さん。ご夫婦二人で飛騨の暮らしを楽しんでいます。
浩美さんは「暦とあそぶワークショップ」を通して市内の子どもに昔の知恵を伝えています。