11/08

workshop

【IID共催/イルカの学校】楽しいおもてなし「飾り巻きすし」を作ろう! @ IID

飾り巻きすしは、千葉県の郷土料理「房総の祭り寿司」と江戸前寿司の「細工巻き」を一般向けに「きれいに」「華やかに」「楽しく」アレンジしたものです。

お祝いや行事席での日本伝統食として、またお子様のお弁当としても人気があります。
また、国内外の外国人の方にも人気が高いのも特徴です。

どなたでも、きれいでたのしい「飾り巻きすし」が作れるように、寿司インストラクター協会公認のマスターインストラクターの浮洲みどり講師がやさしくわかりやすくレクチャーいたします。

これからのパーティシーズン、目にも華やかな「飾り巻きすし」で食卓をおいしく飾りましょう!!

□講師プロフィール
浮洲みどり

東京すしアカデミー卒。飾り巻きすしの生みの親・川澄健氏(TVチャンピオン、寿司職人選手権優勝)に師事。
寿司インストラクター協会(JSIA)公認の飾り巻きすしマスターインストラクターとして、イベント、外部講座などに多数参加。
2008年より母校でのアシスタントを経て、現在は「飾り巻きすし技能認定講座」の講師に。
同時にSushi Art Plannerとしてイベント、講座、出張レッスン、メディアなどで活躍中。