11/30

event

【IID主催】3Dモデリング 超初級!体験講座「その1 指輪のデザイン」 @ IID

3Dモデリング、はじめの一歩!

急速に身近になってきた3Dプリンター。
自分で3Dデータの作成ができると、オリジナル製品の設計や、デザインしたもののサンプル作成など、活用の幅が大きく広がります。

IID 世田谷ものづくり学校のプロトタイピングルーム「PTA」では、3Dモデリングのはじめの第一歩を学べる講座をスタートします。
3Dモデリングソフト「ライノセラス」を使って、毎回、短時間で簡単な造形にチャレンジ!
第1回は「指輪」。幅や厚み、形状を自分でデザイン・設計して、実際に3Dプリンターで出力可能なデータを作成します。

ぜひ気軽に体験して、3Dデザインを身につけてください!

  

日程:2014 年11月30日(日)
時間:11:00~/13:00~/14:30~/16:00~ 各回1時間程度
会場:IID 世田谷ものづくり学校 1階 プロトタイピングルーム内「PTA」
価格:500円(お1人さま1個)
定員:各回5名(予約優先/ 空席あれば当日入場可)

  


▲ ライノセラスでデザインした指輪。※ 本講座の内容はデータ作成のみとなります。実物の指輪の作成は行ないませんので、ご注意ください。

☆ 本講座はシリーズでの開講を予定しています。指輪以外にも、基本的な3Dモデリングの要素が詰まったテーマをご用意。繰り返し受講することで、モデリングソフトの操作方法や3Dでのデザインに必要な考え方が自然に身に付いてきます。どうぞお楽しみに!

 

IID Lab プロトタイピングルーム「PTA」とは
>> http://setagaya-school.net/old/lab/#about_3dprint
IID 世田谷ものづくり学校には、アイデアを具現化して、実際の製品やサービスを創り出すために必要な、「デザインー試作・評価ー発表」というプロセスの全段階を行うためのソフト・ハードが揃い、施設全体がラボとして機能します。
そのなかでも、プロトタイピングを繰り返し、デザイン検討を行い新しい製品を企画デザインするための核となるのが、PTAです。
▲IID 116号室「プロトタイピングルーム/PTA」

PTA (= Physical Thinking Area / Prototype Thinking Area)は、3Dプリンタ造形物などのフィジカル(身体的・物理的)なものを介在させてながら、思考するプロセスを実戦する場。PTAは、パーソナル機およびハイエンド・プロユースの3Dプリンター、3Dスキャナー、レーザーカッターを備えています。「ケイズデザインラボ」の技術サポートに加え、IIDに入居するクリエイターによるデザイン、製造事業者とのネットワークによる製品量産、IIDの施設を使っての試用・発表の機会などを通じて、個人メイカーを主対象とした従来のFABスペースでは難しい、試作・開発・研究のための機器活用が可能となります。