05/03

workshop

<日本スノードーム協会×IID>3Dプリンターを使ったスノードームワークショップ【IID共催】<受付終了> @ IIDIID

<定員に達した為、受付は終了しました。ご応募ありがとうございました!>

本ワークショップは、日本スノードーム協会
SNOWDOME EXHIBITION 2015“内プログラムです。

世界初!3Dプリンターでつくったオリジナルフィギュアを使って世界にひとつのスノードームをつくる、2日間のワークショップで す。

【1日目:4/29(水祝)14:00〜16:00 11:00-13:00 ※14時からの部が満席のため、11時より追加枠を設けました!終了しました。
人や物を3Dスキャンして、3Dプリンターで出力できるデータをつくります。

【2日目:5/3(月祝)14:00〜16:00】
1日目につくったデータを3Dプリンターで実際に出力したものをスノードームに封入して、オリジナルのスノードームをつくります。

日程:2015年4月29日(水・祝)+5月3日(日)
※ 本ワークショップは2日かけて実施されます。1日のみのご参加はできません。
[1日目(4/29):3Dスキャン/2日目(5/3):スノードームづくり]
時間:1日目 14:00〜16:0011:00-13:00 ※14時からの部が満席のため、11時より追加枠を設けました!終了しました。
2日目 14:00〜16:00
参加費:4,700円(材料費込)
定員:8名(予約優先)

P T A/Prototyping Roomとは
>> http://setagaya-school.net/old/lab/#about_3dprint
IID 世田谷ものづくり学校には、実際の製品・サービスを創り出すために必要な「デザインー試作・評価ー発表」というプロセスが実施できるハード・ソフトが揃っており、施設全体が“ラボ”として機能します。
そのなかでも、プロトタイピング(試作)を繰り返し、デザインを検討し、新しい製品を企画デザインするための核となるのが、PTAです。
▲IID 116号室「プロトタイピングルーム/PTA」

PTA (= Physical Thinking Area / Prototype Thinking Area)は、3Dプリンタ造形物などのフィジカル(身体的・物理的)なものを介在させながら、思考するプロセスを実戦する場。「ケイズデザインラボ」の技術サポートに加え、IIDに入居するクリエイターへのデザイン依頼、製造事業者とのネットワークによる製品量産、IIDの施設を使っての試用・発表の機会などを通じて、試作・開発・研究のための機器が揃っています。
Facebook:https://www.facebook.com/iid.pta
Twitter: https://twitter.com/PTA_IID