05/27

workshop

青梅仕事、干さずにできるスパイス梅漬け【IID共催】<満席> @

<定員に達した為、受付は終了しました。ご応募ありがとうございました!>

青梅を収穫して、白梅(しらうめ)をベースにしたスパイス梅漬けの指南をいたします。
都会で梅を干すことができなくてもできる優れもの。
じつはわたしは25年以上、保守的な梅干しばかりをつくってきたのですが、
去年はじめて冒険をしてみたら、それが梅の世界を広げてくれたのです。
チャツネのようなので、夏のカレー料理にもぴったりです。

ほかに醤油や味醂に漬けたり、ジュースにしたり、
伝統的な青梅仕事についてのご質問などもうけつけます。
(黄熟梅の会は、6/20日に行います)

□主催プロフィール
学校園
温室代表・塚田有一とフリーランスキュレーター・石田紀佳が主宰する「学校園」は、IID 世田谷ものづくり学校の校庭を舞台に、これまで様々な自然と暮らしを巡るワークショップや展示を企画してきました。
きっかけは藍。まずはその藍を育てて自分達で染めをやるために、IIDの裏庭のもと学級菜園をお借りしたのでした。
「学校園」では身体を使って、自然との関わりを感じることを大事にしてきました。自らの手を使って自然の旬のちからを頂き、お節供の知恵や、手仕事の知恵と技術を体感します。それは、ものとこころの接する、様々な軸が交錯し広がりをもつ、豊かな場所への旅でもあります。
ものを「創る」とは、こうしてなにかを傷つけて、そしてその痛みに共感することでもあったはずです。
現在は校内に育つ植物を用いたワークショップを定期開催しています。
blog>> http://meguruniwa.blogspot.com/

石田紀佳

フリーランスキュレーター、プランナー。
美術手工芸品を展覧会企画や執筆で紹介。手仕事の素材の育成から制作工程までを追う。
著書:「藍から青へ 自然の産物と手工芸」(建築資料研究社)
マーマーマガジン(mmbooks)にて「石田紀佳の魔女入門」を連載。手仕事の錬金術的側面をわかりやすく紹介しています。
羊毛手紡ぎ専門誌スピナッツ(スビンハウスポンタ)に「庭木の恵み」を連載中。
雑誌「ソトコト」に新連載「月ごとのまつり」がスタート。
blog>>草虫こよみ

塚田有一

有限会社温代表 フラワーアーティスト、ガーデンデザイナー。
【経歴】
1991年 立教大学経営学科卒業
1992年 草月流家元アトリエ入社
1999年 株式会社イデー入社
2005年 有限会社 温室 設立、IID 世田谷ものづくり学校にて「学校園」始動
2007年 株式会社 limbgreen 設立
2009年 東京大学「こまみどり プロジェクト」、赤坂氷川神社「ともえ会」ワークショップ
2011年 IID 世田谷ものづくり学校グリーンディレクター、花綵列島プロジェクト始動
2012年 OKAMURA Design Space R “Flow_er”
2013年 IID GREEN DAY vol. 9 ディレクター
温室>> http://onshitsu.com/index.php
limbgreen>> http://www.limbgreen.jp/
連載 >>http://openers.jp/interior_exterior/yuichi_tsukada/20120112.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IID PAPER特集記事>>http://setagaya-school.net/old/Content/7204/