08/27

workshop

あなたも作詞家-菅野こうめいから学ぶ3つのメソッド【IID協力】 @ IID

ミュージカルやコンサート、ショーの脚本・演出家であると同時に、訳詞・作詞も手がける菅野こうめいが「作詞をしてみたい」あなたのためのエンタメ★ワークショップを開催。

vol.1★スタンダードはお好き? (作詞家だって音楽家なのだ)

スタンダード編では、まず、作詞家の心構えを学びます。それは、「歌詞は音楽であって、文学ではない」。実際に、過去のヒット曲なども聴きながら「作詞家は音楽家である」ことを実感しつつ、創作に入ります。
創作課題は「スタンダードナンバー」です。洋楽のスタンダード曲を題材に「訳詞」や「作詞」の手法を学びます。

【詳細・申し込みはコチラから】

□講師プロフィール
菅野こうめい

演出家・脚本家・作詞家。
伝説のミュージカルショー「SHOW GIRL」シリーズで 10年間、演出助手・シ ョー構成・訳詞を担当。1986年「小堺クンのおすましで SHOW」で演出家デビュー。ミュージカルのほか、ショー、コンサート、博覧会や大型スポーツイベントなど、幅広いジャンルで演出を手がける他、USJ などテーマパークの総合演出も務める。コンサートでは大地真央、一路真輝、真琴つばさ、安蘭けい、春野寿美礼などの宝塚 OG をはじめ、服部克久、千住明などのオーケストラ、中山美穂、加山雄三、サーカス(コーラスグループ)、吉田兄弟(津軽三味線)、氷川きよしなど、ジャンルを超えた多くのアーティストの演出を手掛けている。
音楽的なセンスの良さと都会的なテンポ感は、特にミュージカル公演で輝きを見せる。学生バンドで作詞を担当していたのがきっかけでミュージカルの世界に入ったことから、多くのミュージカル作品での訳詞の他、作詞活動も続けている。

>詳しいプロフィールはこちらから