02/21

workshop

北欧スタイルのリボン織ワークショップ @ IID

フィンランドの伝統手芸が体験できる参加型ワークショップです。
[作って楽しい、身に付けて嬉しい]北欧デザイン。
フィンランド人が日本語で優しく教えます。
あなたもフィンランド文化にちょっとだけ触れてみませんか?

 

北欧の伝統手芸「ピルタナウハ」のリボン織りワークショップを開催します。

ピルタナウハはチロリアンデープのように模様を織ったリボンで、フィンランドの民族衣装のベルトや靴ひもなど、日用品やオシャレアイテムとして利用されていたものです。小さな木製の道具「ピルタ」をヒザに挟んで織っていきます。

今回は『SUOPURSU』と呼ばれる野生のローズマリーの花にインスピレーションを得たパターンをつくります。
小さなかわいい花が咲くデザインに、リボンもつけました。

□講師プロフィール
ヘイディ・フースコ

幼い頃から手芸に興味を持ち、ファション業界とデザイン業界を経験。手芸を使って、現代人のニーズを満たすのが毎日の楽しみです。オクスフォード、アムステルダムと京都で衣類の構成や布を勉強した経験も現在の職に大変役に立っています。現在は、ヘイディはフィンランドの手芸について記事などを書いたり、アクセサリーやインテリア用品をデザインしたりしています。

HP:www.takku.org
twitter:Takkukasityot
facebook:Takku