04/29

workshop

宮沢賢治を草花で描く
「TEARFUL EYES 涙ぐむ目」 @

開催日時: 2012年04月29日11:00 – 17:00 
雨天順延。グリーンデイ開催前日に当日をお迎えするつもりでやりますが、雨の場合は30日となります。

 

*スケッチはイメージです

宮沢賢治がメモフローラに記した花壇の設計図を元にIIDのアプローチに「TEARFUL EYES 涙ぐむ目」を植え込みます。賢治特有のレンガ組みからはじめ、その自然への深いまなざしについて体感交感します。鎮魂と希望の花壇−

学校園とは…
温室の塚田有一とフリーランスキュレーターの石田紀佳が共催する「学校園」は世田谷ものづくり学校(以下IID)の協力で2007年からこれまで様々な自然と暮らしをめぐるワークショップを企画してきました。きっかけは藍。まずはその藍を育てて自分達で染めをやるために、IIDの裏庭のもと学級菜園をお借りしたのでした。
「学校園」では身体を使って、自然との関わりを感じることを大事にしてきました。自らの手を使って自然の旬のちからを頂き、お節供の知恵や、手仕事の知恵と技術を体感します。それは、ものとこころの接する、様々な軸が交錯し広がりをもつ、豊かな場所への旅でもあります。
ものを「創る」とは、こうしてなにかを傷つけて、そしてその痛みに共感することでもあったはずです。昨年の秋より、あらためてIIDの巡る庭づくりのお手伝いをさせていただくことになりました。学校園のワークショップも「巡る庭編」ということで改めてスタートを切ります。

■blog: http://meguruniwa.blogspot.com/