12/22

workshop

【WINTER】配財抜きカスはんこワークショップ @

型抜き加工工場から出される配財(廃材)をつかった、オリジナルはんこづくりのワークショップです。粘着シールがついたウレタンシートを使うので、作成時にのり付けの必要がなく簡単に作れます。配財なりの形を活かしたはんこを時間内にいくつでも好きなだけ自由に作ります。

□講師プロフィール
配財プロジェクト 大須賀 和美

大阪・ロサンジェルス・東京において複数の企業で会社員として勤務後、2002年ごろより、手芸作家として活動を始める。
トートバッグ・ポーチ・ブックカバーなどの布物雑貨を製作し、都内と神奈川県を中心に各地の雑貨店やデパート等で委託販売やイベント出店を行う。
2011年夏から配財プロジェクトの活動に加わり、2012年2月に同団体の理事となり、町工場から出される配財(廃材)を利用したワークショップのメニュー開発や講師を勤める。
これまでに抜きカスはんこや風船マスコット、ジオラマやドールハウス作り、おゆまるなどのワークショップを行っている。