02/10

event

映画上映会「film for smile〜ぼくたちが考えるこれからの教育〜」 @ IID

開催日時:2013年2月10日11:00-18:00
上映作品全3作品、入替制

  

バンタンデザイン研究所の映画配給宣伝・ライターコースの学生が、教師主導の詰め込み教育やいじめや虐待による自殺者の若年齢化など日本の教育現場の問題を見据え、フランスやチリの海外の教育の現状や取り組みを、映画を通して伝えていきます。そこに映し出されているのは、先生の話を聞くだけの授業とは違う、自分たちで考え、自分の言葉で伝える子どもたち。初めて触れる世界に子どもたちは、目を輝かせます。
文部科学省選定作品やカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品など、今回上映するのは映画としても価値のある作品ばかり。また、『100人の子供たちが列車を待っている』は、DVD化されておらず、家でもなかなか目にすることが出来ません。そんな上質な作品を、ぜひ大スクリーンで観てください。
また、当日は映画上映の他に、各上映ごとにスペシャルゲストを招いたトーク
イベントの開催も予定しております。詳細は近日中に発表致します。

☆ クラウドファンディングについて
この上映会をより良いものにするために、「motion gallery」
というクラウドファンディングサイトにて皆様からのご融資を募っております。出資して下さった方には「film for smile」特製Tシャツ等の特典も多数ご用意しております。
また、同サイトにて集まった資金が目標金額に達した場合、資金の一部を「あしなが育英会」様へ寄付させていただきます。小額ではありますが、日本の教育現場の改善•発展に少しでも貢献できればと考えています。

motion galleryでのfilm for smileも、合わせてよろしくお願い致します。皆様からの温かいご支援をお持ちしております。

[上映作品•イベント情報]
☆ 上映作品
①『小さな哲学者たち』
監督 ジャン=ピエール・ポッツィ
2010年/フランス/102分/配給:ファントムフィルム
文部科学省選定・厚労省社会保障審議会児童福祉文化財選定

第1回イベントゲスト
志茂田景樹さん

【作家•絵本作家•タレント】
イベント概要:内容志茂田さんによる絵本読み聞かせショーを開催!
『小さな哲学者たち』にあわせたこのイベントでは、実際に映画で、行われた様に哲学の授業を実践します。ある絵本を基に、観客の方々にそのテーマを問いかけて行きます。

②『100人の子供たちが列車を待っている』
監督:イグナシオ・アグエロ
1988年/チリ/58分/配給:パンドラ

第2回イベントゲスト
岡島尚志さん
【東京国立近代美術館フィルムセンター主幹】
イベント概要:映画のなりたち、歴史レクチャー!
『100人の子供たちが列車を持っている』で観られる映画の授業。普段あまり語られない、夢踊る映画にまつわる話を語って頂きます。

第3回イベントゲスト
土肥悦子さん
【シネモンド代表】
イベント概要:「子どもと映画」をテーマにした参加型トークイベント
『パリ20区僕たちのクラス』上映前に行われるこの対談では、映画で語られる様なあらゆる問題と対するのに、ひとつの答えを導きだしてくれます。

③『パリ20区、僕たちのクラス』
監督:ローラン・カンテ
2008年/フランス/128分/配給:東京テアトル
第61回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

[当日タイムスケジュール]
10:30 開場
11:00 開演・挨拶
11:05 上映①•第1回イベント
小休止及び入替時間
13:50 上映②•第2回イベント
小休止及び入替
15:35 第3回イベント•上映③
18:30 ご挨拶•閉演

□講師プロフィール
志茂田景樹【作家•絵本作家•タレント】
岡島尚志【東京国立近代美術館センター】
土肥悦子【シネモンド代表】