02/09

workshop

【IID共催】鍛冶の技展 @ IID

開催日時:
2013年2月9日(土)10:00-17:00

  

新潟県三条市では、江戸時代から鍛冶が盛んになりました。現在でも多くの鍛冶職人が、日々の暮らしを支える道具や、さまざまな仕事に欠かせない道具を作っています。
今回は、その中でも一見してどんなふうに使うのか分からないような道具をたくさん用意して、展示しました。面白いかたちとびっくりするような用途に注目してみてください。

職人の皆さんによる、道具の解説も必聴です。

三条のものづくり ぐるっと体験フェスティバル
関連ワークショップ
2月 9日(土)きって、けずって、木琴を作ろう!
2月 9日(土)現代によみがえる古代の鏡 四獣鏡をつくろう!
2月 9日(土)最高の道具で、最高のプレートランチを作ろう!
2月 9日(土)世界にひとつのクッキー型作り!
2月10日(日)くわの話
2月10日(日)親子で作る!プラモデル

●イベント会期中、エントランスで燕三条の野菜や果実を販売します。
●イベント会期中、カフェでは燕三条産の食材を利用しています。
●三条市のたのしいいろいろを発信する、Facebook「三条が好き。」もご覧ください!
https://www.facebook.com/sanjogasuki

□講師プロフィール
越後三条 鍛冶集団(鍛冶職人グループ)

経済産業大臣指定伝統的工芸品「越後三条打刃物」の製造に携わる鍛冶職人の若手からベテランまでが結集する団体。
一本の鎚で赤熱した鉄の棒を叩いて、様々な形に変えていく自由鍛造をはじめ、日本古来の伝統技術と、材料工学などの科学的見地から、日々、道具づくりに打ちこむ一方、道具の作り方、使い方、直し方を広める体験活動を行っている。