02/09

workshop

【IID共催】きって、けずって、木琴を作ろう! @ IID

開催日時:
2013年2月9日(土)10:00-17:00

  

新潟県三条市では、鍛冶と一緒に木工が発展してきました。それというのは、庖丁をつくるには木の柄が必要だし、鉋をつくるにも木の台が必要だからです。

いま、三条の木工職人たちは「三条木創り舎」という職人グループを作って、木を使った工作の楽しさや正しい道具の使い方をテーマに様々なワークショップを開催しています。今回は、三条産の大工道具を使って、オリジナルの木琴を作ります。

●会場では、コッパトイ(木の端材)を使った積み木遊びもしています。

三条のものづくり ぐるっと体験フェスティバル
関連ワークショップ
2月 9日(土)現代によみがえる古代の鏡 四獣鏡をつくろう!
2月 9日(土)最高の道具で、最高のプレートランチを作ろう!
2月 9日(土)世界にひとつのクッキー型作り!
2月 9日(土)鍛冶の技展
2月10日(日)くわの話
2月10日(日)親子で作る!プラモデル

●イベント会期中、エントランスで燕三条の野菜や果実を販売します。
●イベント会期中、カフェでは燕三条産の食材を利用しています。
●三条市のたのしいいろいろを発信する、Facebook「三条が好き。」もご覧ください!
https://www.facebook.com/sanjogasuki

□講師プロフィール
三条木創り舎(木工職人)

大工道具、鉋台、ノミ柄、農耕具、台所雑貨などを作っている木工職人の集団です。
三条市内の学校、公園イベントなどで工作教室を行っています。
今回は若手とやや若手の3人で参加します。一緒に楽しみましょう。