04/13

event

【IID共催『イルカの学校』】笑顔のある未来を形造るために
私達になにができるのか @ IID

【イルカの学校】 presented by ILCA Project
http://ilca.asia/school/

21世紀に求められる力とは?そのための学習環境とは?
デジタル時代の新しい学びの場をつくりたい。
未来を創るのはデジタルでポップなニッポンのキッズです。
場づくり、プログラムづくり、教材作り、ツールづくり、人材作り、空間づくり、拠点づくり、まちづくり、環境づくり、未来づくり。
子どもたちの創造・表現の場を生み出す10個の「つくる」についてお話をし子どもたちと一緒につくる未来についてともに考えたいと思います。

□講師プロフィール
石戸奈々子

NPO法人CANVAS理事長/株式会社デジタルえほん代表東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、子ども向け創造・表現活動を推進する NPO「CANVAS」を設立。産官学連携による、子どもたちのクリエイティブ活動の「場」の提供に取り組む。
これまでに開催したワークショップは 2000回、約20万人の子どもたちが参加。実行委員長をつとめる子ども向けワークショップの博覧会「ワークショップコレクション」は、2 日間で 74,000 人を動員する。
その後、株式会社デジタルえほんを立ち上げ、デジタルえほん作家として子どもたちのクリエイティブ活動の「ツール」の開発にも挑戦中。著書に、「デジタル教科書革命」(共著)、「デジタルサイネージ革命」(共著)等。

  

ーILCAについてー
「日本社会の近未来に向けイノベーションと学び、”創造性と芸術”を感知した若者たちにより多く登場してもらい、創発性を持つ文化風土を築きあげたい!」
という主旨のもと、2012年11月に有志により発足されました。
2013年度4月度より世田谷ものづくり学校に於いて「イルカの学校」を開校。