04/20

workshop

【IID共催『イルカの学校』】とり・みきの「マンガを描いてみよう!」 @

【イルカの学校】 presented by ILCA Project
http://ilca.asia/school/

だれにでも楽しくマンガが描ける方法をプロの漫画家とり・みきさんがお教えいたします。今や国際語になったMANGAには年齢・性別は関係ありません。老いも若きもレッツ・マンガ!

出演:とり・みき 
ナビゲーター:関 智

□講師プロフィール
とり・みき

マンガ家。熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。主な作品に『クルクルくりん』『愛のさかあがり』『石神伝説』『冷食捜査官』等がある。漫画表現そのものをギャグとして追求する作風は「理数系ギャグ」と呼ばれている。近刊は『とりったー』『クレープを二度食えば』(徳間書店)。
劇場版アニメ「WXIII機動警察パトレイバー」では脚本も担当。オジギビトと名づけた工事看板に関する著作や、吹替に関するコラムも執筆。2012年発売の山下達郎オールタイムベストCD「OPUS」ではジャケットイラストを担当した。現在、日経ビジネスオンラインで『とり・みきのトリイカ!』連載中。

1994年 – 第25回星雲賞コミック部門受賞(『DAI-HONYA』)
1995年 – 第41回文藝春秋漫画賞受賞(『遠くへいきたい』)
1998年 – 第29回星雲賞コミック部門受賞(『SF大将』)
2009年 – おおひなたごう主催第2回ギャグ漫画家大喜利バトル優勝

□ナビゲーター プロフィール
関 智

東京都生まれ。日大藝術学部映画学科卒。徳間書店でSF専門誌「SF adventure」編集長。その後プレイステーションで原案、シナリオ、プロデュースを手がけたゲームソフト「とんでもクライシス!」が国内外でヒット。PS2で「ストリートゴルファー」をプロデュース。ソフトバンク配信コンテンツ「Yubio」編集長を経て、10年wiiソフト「珍スポーツ」原案担当。現在の活動は、雑誌、書籍、ゲーム、携帯コンテンツなど多分野に渡る。東放学園デジタル文芸科、日本電子学校モバイル・ビジネス科、日本脚本家連盟スクール講師。

  

ーILCAについてー
「日本社会の近未来に向けイノベーションと学び、”創造性と芸術”を感知した若者たちにより多く登場してもらい、創発性を持つ文化風土を築きあげたい!」
という主旨のもと、2012年11月に有志により発足されました。
2013年度4月度より世田谷ものづくり学校に於いて「イルカの学校」を開校。