05/25

workshop

【IID共催『イルカの学校』】『未来にうけつぎたい日本の神話』講座 @ IID

【イルカの学校】 presented by ILCA Project
http://ilca.asia/school/

 

第3回 5月11日(土)15:00-16:30 IID Gallery
第4回 5月25日(土)12:00-13:30 IID Gallery

人類の歴史と神話の物語を楽しみながら学ぶ参加型のワークショップ。古事記をはじめとする日本の神話をテーマに、宍戸裕行率いるイルカ・カタリベ・クルーがエンターテイメント型のLESSONを展開します。神話に込められたメッセージをひもときながら、古事記の魅力をできるだけわかりやすく伝えてゆきます。また、参加者同士の交流をうながし、質問や対話をもとに学びあうためのファシリテーションを実践します。

           

 

<第3回講座 5月11日(土)15:00-16:30>
『ラ・ルソン・ドゥ・イヅモ1 「スサノオのタカマノハラ追放」から「オホクニヌシの死と再生」』
五穀の起源、ヤマタノオロチとクサナギノツルギ(a.k.a.アメノムラクモノツルギ)スサノオの結婚と和歌の元祖、オホクニヌシ・プロローグについて解説します。

<第4回講座 5月25日(土)12:00-13:30>
『ラ・レソン・ドゥ・イヅモ2 「オホクニヌシとスサノヲ、プロジェクト”SIREN”」から「国譲りの奇しきミワザ」』
蛇の部屋の試練・蜂と百足の部屋の試練・野焼きとネヅミ・八田間の大室の試練、天の弓矢と琴と娘GET、もろむきごころの恋と歌、スクナヒコナ・イノベーション、奈良の三輪山の神様、国譲りのストーリーと今に残る出雲神殿・信仰、オホクニヌシ家族のルートカルチャーストーリーを今に伝えます。

□講師プロフィール
宍戸裕行&イルカ・カタリベ・クルー

神道家。心理カウンセラー。ヤマトコトバ・ラッパー。慶應義塾大学環境情報学部、東北福祉大学大学院臨床心理学部、国学院大学神道学専攻科卒業。
2001年から高田保世氏よりヤマトコトバ、神道霊学などを学ぶ。博報堂退社後、一青窈のマネジメントに関わる。2007年、出羽の修験道「秋の峰行」を完遂、徳源院の名をいただく。2011年、京都・下鴨神社にご奉仕。2012年より仙台・愛宕神社にご奉仕。2013年、神社本庁認可の神主となる(明階検定合格・正階授与)。国学院大学の武田秀章教授、嵐義人教授より日本神話の解釈を学ぶ、茂木貞純教授より宮中祭祀を学ぶ。心理カウンセラーとしては、吉福伸逸氏を師と仰ぐ。「国連こどもボランティア・PEACEの会」副代表。環境広告会社サステナ主催「やまとことばをまなぶかい」講師。仙台出身。通称CCD。