11/16

workshop

【IID共催/イルカの学校】『未来にうけつぎたい日本の神話』講座⑨ @ IID

【イルカの学校】 presented by ILCA Project

 

『未来にうけつぎたい日本の神話』講座⑨
『稲カフェ/神話と新嘗祭』

11月23日に宮中をはじめ全国の神社で開かれる新嘗祭(ニイナメノマツリ)とは?
その年の新米を神様に奉る、秋の収穫祭と神話の繋がりをカタリベします。

年間で最も大切なマツリである新嘗祭が、宮中でどのように執り行われているか、分かりやすく解説。普通は知ることのない、スメラミコトのマツリゴト/皇室に伝わる宮中祭祀の実態を、年間スケジュールや具体的なしきたりが学べます。

神話と稲と皇室のモノガタリ。

神道にふれたことがないという方も大歓迎。お気軽にご参加ください!

□講師プロフィール
宍戸裕行

神道家。心理カウンセラー。ヤマトコトバ・ラッパー。慶應義塾大学環境情報学部、東北福祉大学大学院臨床心理学部、国学院大学神道学専攻科卒業。
2001年から高田保世氏よりヤマトコトバ、神道霊学などを学ぶ。博報堂退社後、一青窈のマネジメントに関わる。2007年、出羽の修験道「秋の峰行」を完遂、徳源院の名をいただく。2011年、京都・下鴨神社にご奉仕。2012年より仙台・愛宕神社にご奉仕。2013年、神社本庁認可の神主となる(明階検定合格・正階授与)。国学院大学の武田秀章教授、嵐義人教授より日本神話の解釈を学ぶ、茂木貞純教授より宮中祭祀を学ぶ。心理カウンセラーとしては、吉福伸逸氏を師と仰ぐ。「国連こどもボランティア・PEACEの会」副代表。環境広告会社サステナ主催「やまとことばをまなぶかい」講師。仙台出身。通称CCD。

□ゲストプロフィール
風間っ千代
風間重美(かざまえみ)、イラストレーター。デザインを含めアートワーク全般に携わる。様々な媒体へのイラストレーション、越後妻有アートトリエンナーレのオフィシャルグッズ開発、個展やグループ展の開催と多岐に渡り活動中。著作に絵本『Apres la pluie…あめふって…/文 いがらしろみ 絵 かざまえみ』(トリコロールブックス)。