12/14

event

【IID共催『イルカの学校』】『未来にうけつぎたい日本の神話』講座⑩ 『マッシュアップ古事記』 @

4月開講以来10回目となる12月の神話講座。
今回は、今年の日本の神話レッスン総まとめ。

神主MC宍戸裕行が、古代のヤマトコトバと現代のコトバをリミックスして
古事記のはじまりから神武天皇の誕生までをダイジェストで語りおろします。

内容
・イザナギとイザナミ(国生みと神生み、黄泉の国)
・アマテラスとスサノオ(誓約、天の岩戸ひらき、八岐大蛇退治)
・オホクニヌシ(出雲神話と国譲り)
・ 天孫降臨と日向三代

また、今回は年末企画として
・新年を迎えるに際してのお正月文化の作法と、日本古来のイコノロジー(図像解釈学)
とは?も、お伝えいたします。

古来から伝わる日本の精神、神道神学の研究成果をもとにお送りする
『未来にうけつぎたい日本の神話』講座
みなさまの疑問や質問もお受けします。
是非ご参加ください。
宍戸 裕行&イルカ・カタリベ・クルー

<講師プロフィール>
宍戸 裕行

神道家。心理カウンセラー。ヤマトコトバ・ラッパー。慶應義塾大学環境情報学部、東北福祉大学大学院臨床心理学部、国学院大学神道学専攻科卒業。2001年から高田保世氏よりヤマトコトバ、神道霊学などを学ぶ。博報堂退社後、一青窈のマネジメントに関わる。2007年、出羽の修験道「秋の峰行」を完遂、徳源院の名をいただく。2011年、京都・下鴨神社にご奉仕。2012年より仙台・愛宕神社にご奉仕。2013年、神社本庁認可の神主となる(明階検定合格・正階授与)。国学院大学の武田秀章教授、嵐義人教授より日本神話の解釈を学ぶ、茂木貞純教授より宮中祭祀を学ぶ。心理カウンセラーとしては、吉福伸逸氏を師と仰ぐ。「国連こどもボランティア・PEACEの会」副代表。環境広告会社サステナ主催「やまとことばをまなぶ会」講師。仙台出身。通称CCD。

<ゲスト・プロフィール>

風間っ千代

風間重美(かざまえみ)、イラストレーター。デザインを含めアートワーク全般に携わる。様々な媒体へのイラストレーション、越後妻有アートトリエンナーレのオフィシャルグッズ開発、個展やグループ展の開催と多岐に渡り活動中。著作に絵本『Apres la pluie…あめふって…/文 いがらしろみ 絵 かざまえみ』(トリコロールブックス)。

  

■イルカの学校 公式WEB SITE
http://ilca.asia/