02/08

workshop

【IID共催】東京の木を活かしてつくる手づくりカホン vol.02 @ IID

レポート

当日は大雪にもかかわらず、たくさんの方にご参加いただきました! 当日の様子はこちらからどうぞ。(動画製作:カホンプロジェクト・八崎篤)

誰にでも演奏できる!持ち運べる!と人気の箱形の打楽器「カホン」を手づくりしませんか?
世界に1つだけ、自分だけのマイ楽器をみんなでワイワイつくるワークショップです。

頑張って完成した後はKAKERU PAINT(取扱:COLORWORKS)を使ってカラフルに仕上げていきます。KAKERU PAINTは塗ると黒板になる不思議な塗料。学校の黒板みたいにチョークで描くことができて、水拭きするときれいに消せます。
しかも黒だけじゃなくて7色の中から選べます。
カホンは楽器になるのはもちろん、椅子、今回はメッセージボードやお絵描きのキャンバスになりますよー!!一台3役!!

カホンづくりに使用する木材は東京の西側、多摩産の杉を使います。工作しながら「森のコト」や「木のコト」を色々とお話します。

とっても楽しくて色んな発見があるワークショップです!

□講師プロフィール
八崎 篤(手づくりカホンプロジェクト実行委員会 東京チーム / TOKYO WOOD PICK代表)

ドイツで環境学を学んだのち、輸入建築資材を扱う商社に在籍。仕事を通して日本の森林や木材事情に興味をもち、カホンプロジェクトに参加。現在はフリーランスとして国産の木材利用促進を促すイベントや参加型音楽ライブの企画運営、ワークショップ講師、地域の木材を活かす製品のプロデュースを手掛ける。
http://woods-kids.jp