世田谷ものづくり学校

CONTENTS

2018 / 06 / 14

TOKYOものづくりセッション3

ものづくり地域同士をつなぐ交流会「TOKYOものづくりセッション3 」を6月14日(木)に開催しました。

ものづくりをする地域同士をつなぐ交流会

ものづくりをする地域同士をつなぐ交流会「TOKYOものづくりセッション」。IID 世田谷ものづくり学校が主催となり、毎回ものづくりが盛んな他地域との共催で開催しています。

2016年7月の1回目は足立区内で優れた製品を生み出す製造業の団体「足立FC 」のみなさんと、2017年6月の2回目は、荒川区の若手経営者の勉強会「あすめし会」のみなさんとの共催でそれぞれ開催してきました。

3回目は大田区のものづくり事業者とセッション

そして三回目の今回は、下町ボブスレーで話題となった大田区の大田工連青年部の皆さんとの共催です。
大田区と世田谷区の事業者同士の交流をメインにしつつ、全部で50社を越える都内各地の製造業の皆様に集まっていただきました。それに加え、弊社運営の拠点「三条ものづくり学校」がある燕三条地域の事業者様にもご参加いただき、まさに地域を越えたものづくりの交流がIID内で実現できたかと思います。

当日は下町ボブスレーの実機もIID Galleryに実際に展示。120kgある実機を生で見るとやはり迫力があります。

大田区企業の皆様の企業PRは、これぞ日本の町工場という技術が満載の力強いプレゼン。一方、世田谷区はプロダクトデザイナーからレザー職人までバラエティに富んだクリエイティブなプレゼン。双方のまったく違ったものづくりの個性がぶつかりあった第一部でした。
そして第二部は館内のカフェ「teppan Kitchen SETAGAYA」で飲食をしながらの大交流会です。皆さん積極的に名刺交換をされていました。

これだけ個性の違うものづくり地域同士の交流から、今後どんな連携が生まれるかが今から楽しみです!
今回ご参加いただきました皆様、共催いただきました大田工連青年部の皆様、後援の世田谷区工業振興協会と世田谷産業振興公社の皆様に深く感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

「TOKYOものづくりセッション」は、ものづくり地域同士の連携を深めるべく来年以降も続いていきます。
ぜひものづくり学校のオフィシャルサイトとイベントページに引き続きご注目ください!

Text by 石塚(IID事務局)

TOKYOものづくりセッション3

開催日時
:2018年6月14日(木)18:00〜21:00
対象
:製造業に携わる方、ものづくりに関する事業に関わる方、ものづくり関連のクリエーター・デザイナー
主催
:IID 世田谷ものづくり学校
共催
:大田工業連合会青年部連絡協議会
後援
:公益社団法人世田谷区工業振興協会 / 公益財団法人世田谷区産業振興公社
トップへ戻る